決断の真意と新たな道 | 羽生結弦くんにメロメロ♡めろん

羽生結弦くんにメロメロ♡めろん

羽生結弦くんを絶賛応援中!!好き過ぎて妄想小説も書いてます。みんなで溢れる想いを共有しませんか?


テーマ:








こんにちはー!

昨日は港区愛宕にあるNHK放送博物館に平昌オリンピックの8kの映像をみに行ってきました。






私は4kは見たことはあるけど8kは見たことないしここで大きなスクリーンで、ずっと見たかったけど上映スケジュールと私のスケジュールが中々合わず、昨日は夜勤明けだったけど今月はもう上映がないので頑張って行ってきました。

 
神谷町で降りて歩いてトンネルをくぐると隅っこにエレベーターがあります。

上に行くと(2階という表示だけどどんどん上がっていくのでちょっとビビるあせる)


私は夜勤明けで行ったので女子の途中から見たんだけど、途中スピスケやジャンプの映像を挟み、男子シングル。


大きなスクリーンにリンクインしたゆづが映っただけで胸熱。

オリンピックの感動が蘇る。


SP、FS共に会場音だけ。

氷を削る音が聞こえる。

演技後、リンクアウトする時のブライアンやジスランの声もバッチリ入ってる。

あの感動のシーン、ゆづの「you are so bad!」のシーンも(´;ω;`)ウッ…

アナザーストーリーズの後に見るとまた感慨深くて。



見に行けて良かった!何しろこういう情報に疎くてあせる

そして放送博物館の隣に愛宕神社があるんだけど、友達がパワースホだから是非!というので寄ってきました。というか神社見るとお参りしたくなる(笑)


来る時のエレベーターを使わず神社の正面から来ようと思うとこの階段…


いや、無理!膝傷めてるし!←いい「言い訳」





神社の向こうに高層ビルっていうのも都内ならではよね。

 



招き石っていうのもあって頭はツルツル。
多分、招き猫に似た形なんだろな



先に行ってた友達とランチ食べて帰ってきました。


「俺のイタリアン」
トリュフの乗ったボロネーゼ980円。
トリュフの香りが凄い!
これに「お通し」の厚切りのパンにトリュフバター←お通しなので強制的に出てくる(300円)
飲み物もオーダーせよということなのでコーヒーを(黄色いシュワシュワ飲もうかと迷ったけどこの時点で26時間寝てなかったのでやめたあせる)




そして昨日は楽しみにしていたスポーツウォッチャーの放送がありました。


私は羽生くんファンで、萌えファンでもあるけど羽生くんの考え方、生き方に感動をいっぱい貰ってる。


その羽生くんと良きライバル、良き先輩であって、自身の口で「尊敬している」と言っていた町田樹くんの特集でした。


えー、ゆづじゃないのぉ?まっちーなんて興味無い!

って人も多数(いや、殆どかなあせる)とは思うけどとても良い番組だったし羽生くんと共通する所も多々あるので見てもらえたら嬉しい照れ



というかはい!見て!(笑)


町田くんは昨年のジャパンオープン、カーニバルオンアイスで「フィギュアスケーター」を引退しました。

その引退のショーの裏を取材した番組です。



元々、現役を引退してからプロになってからのプログラムや演出には町田くんの拘りが凄く入ってたんだけど、プロとしても引退という事で拘り方が半端ない!

客席から見た照明の見え方にも注意して。

その照明のタイミングとか音響とかカメラアングルとか細かくて(いや、正直スタッフさんもエライなーというか大変だと思うけどあせる)



引退について…


未練もないですね 本当にないですよ、と。




研究者を目指しているので2つ同時進行は出来ない。中途半端になるのは良くないと。



幼少の頃

転んだら良くない ではなくて

転んでも立ち上がる事が大切とフィギュアスケートに教わった。



あぁ2014全日本での突然の引退発表(ノД`)

現地で聞いてたけど会場のざわめき、悲鳴(町田くんファンの心中を思うと(ノД`))





フィギュアスケートは総合芸術だというモットーを掲げていましたので






新しいフィギュアの表現 可能性というものを提示してきたつもりです


「総合芸術」

羽生くんの「パーフェクトパッケージ」と通じるものがある。

そしてバトンさんの言う「劇場」ともシンクロする。



ジャパンオープンで5分の演技。

その後のカーニバルオンアイスでのプログラムは何と

9分35秒←見たよ!現地で!!




テーマは「人間の条件」




人間の条件は どんな過酷な人生
どんな絶望の底に落とされたとしてもなお




自分の意志で1歩前に踏み出す





人間の尊厳というものを表現したい



この「どんな過酷な人生 どんな絶望の底に落とされても…」のあたり、え?羽生くんの事かなって思っちゃうほど←常にゆづ脳






つまづきや伸び悩みも経験した



小学4年 父の転勤で通年リンクのない広島へ。

練習場所を求めて県外の高校に進学。

新幹線で通学←初めて聞いた時、耳を疑ったわ


それだけご両親も町田くんに賭けてたし協力してたという事よね。


高校生の時にスケートを辞めたいと思った、と。
 



遅咲きのスケーターと呼ばれていた(らしい)

ソチのプレシーズンあたりかな?ぐんぐん上がってきて、ソチオリンピック出場。

オリンピックでは5位←凄い!

その年の世界選手権で銀メダル

町田くんには悪いけど、私はゆづファンなのでヒヤヒヤしたよぉ。でもこのシーズンのSPのプログラム「エデンの東」は凄く好きで曲がかかった途端、涙を流せるという特技を習得したわ!




フィギュアの未来のために尽力しようと。






スケートリンクの減少だとか選手の減少
、スケート選手の若年化。

女性選手は摂食障害に悩んでる選手も多い

男性選手は4回転の練習をしすぎて大怪我を負う選手もたくさんいたりして


競技をドロップアウトせざるを得ない状況に追い込まれるような選手もたくさんいる。

色んな問題をこの競技は抱えている、と。



町田くんはフィギュアスケートの未来のため、スケーターの抱えている問題に光の道筋をあてるために研究者という道を選んだのね。



最後の演技。人間の条件。




生きること





生き貫くことの尊さを表現したかったと。



町田くんの演技もずっと見ていたいと思えるような一期一会の演技。


最後の演技、見に行けてよかった。


演技の後、舞台裏で…ランビー!




 

ハビー!!!!めっちゃ優しい笑顔お願い





引退セレモニーの町田くんの言葉は、ずっと残していきたい、自分の心にいつも留めておきたい言葉です。


「ここにいらっしゃるスケーターの方々をはじめ世界中で多くのスケーターがパフォーマンスを発揮してこきているからこそ、フィギュアスケートは今、本当に隆盛を迎えています。

彼らは本当に戦っています。だから支えて応援してあげて下さい。

そしてフィギュアスケートをブームではなく文化に 




皆さんの力で変えていって欲しいと思います」






キャプはこちらからお借りしました。
凄くいい番組でそんなに長くないので是非見てね。













以前にもブログに書いたけど、修造さんが日本はまだスポーツを自国の文化にするという意識が低いと言ってましたよね。

スポーツを支えるのは国民1人1人の力が必要。

記録を作ったり伸ばしたりするのは選手だけど環境や経済的援助がないと競技や練習に集中させてあげられない。

フィギュアスケートもかなりお金がかかる競技。

強化選手にはスケ連から補助金が出るけれどそれも充分ではない。

応援の仕方は人それぞれかもしれないけど、私は応援というのはアンチと戦ったり、メディアに苦情のメールをしたりするよりも、選手に励ましの声をかけたり(生で見に行けなくてもSNSで励ましたり手紙を送ったり)試合を見に行ったりしてお金を落とす事の方が有意義だと思う。

チケットが中々当たらないけどねあせる

スケ連はその売上を選手の環境改善や練習の補助にもっとあててくれたらと思います。




町田くんの選んだ新しい道。

人生そのものが創作活動



引退した選手が選ぶ道はそれぞれ。

ハビはコーチに。

町田くんは研究者に。

そして


(まだ全然考えたくないけど)羽生くんもいつか新しい道を行く。



でもどの選手も道は違えどフィギュアスケートの未来のために、後進の選手達のために関わっていくのだから。


羽生くんがどんな道を選んでも、羽生くんの人生ごと応援していくし、ずっとずっと大好きだから!!←結局ゆづ愛告白


羽生くんのいるフィギュアスケートの世界を応援していきたい。

羽生くんが愛するものを愛していきたい。

羽生くんから貰った「感動」の幸せを私も誰かに違う形で分けていけたらと思う。


あれ?町田くんの話なのに、いつの間に羽生くん?(笑)


それにしても町田くんの人間の条件…

手を口の中に入れる振付があったけど凡人の私にはあの意味がよく分かんなかったよあせる(笑)


さ、明日はガーナのValentineの情報くるよね。

大阪や東京には広告も!

明日は仕事なのでその後、新宿に行ってみようかな!

今日は休みなので家でゆっくり…家事しないとねあせる

羽生くんの話じゃないのに長々読んでくれてありがとう。

下のバナーを押してくれると書く励みになります。萌え袖おしてねー!!

めろんぱんつさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス