わたくし竹本直一は、「人々が夢を持てる社会をつくる」をモットーに政治を続けてきました。私が長年掲げてきた「夢の実現、それが政治です!」というスローガンはまさにその理念を示しています。

 

 中でも、とりわけ夢を持ってもらいたい重要な人々が、「若者」です。毎年の成人式や、だんじり祭りの際には、積極的に若者たちと交流してきました。また著書『日本のみらい』では、どうやったら若者たちに夢を持ってもらうような社会を作れるか、という話もしています。

 

 

 政治家としてひとつ残念なことがあります。それは昨今、若者の投票率が非常に低いことです。昨年、選挙権が「18歳以上」に拡大されました。先の参議院選挙のさいには、若者の政治参加についてはかなり話題になりました。ですが、それでも蓋を開けてみると、未だに若者の政治に関心を持たない若者が多いという数字が出ています(もちろん、若者たちの間に政治不信が広まっているのであれば、それは私たち政治家の責任です)。

 そこで今日は選挙前の若者たちに向けて、あらためてメッセージを送っておこうと思います。

 

1.若者たちには、夢を思い描きながら国や社会について考えて欲しい

 このたびの選挙権拡大には、若者にも国や社会の運営に参加してほしい、そのためにも国や社会や世界について日頃からもっと考えて欲しい、という思いが込められていました。高齢化が進む日本を発展させるためには、若者たちが意見や力を出し合って、社会を動かしていかなければなりません。若い皆さんにはこのことを強く認識した上で、ぜひ広い視野で、自分の夢とともに国や社会について考えてみて欲しいと思います。

 社会や国をこれからどう創っていくべきなのか。世界を今後どのようなものにしていきたいのか。選挙とは、こうした大きな視点から社会を考える良い機会ですし、その答えや意見を表現できる場なのです。

 

2.選挙権には責任も伴う

 選挙権が与えられるということは、その社会の中で責任を担うということでもあります。みなさんは選挙をつうじて、国や社会の運営の一端を担うようになるからです。町のこと、国のこと、世界のことを、ぜひ自分たちの事がらとして考えてみてください。

 今の社会は自分にとって、また人々にとって良い社会になっていますか? 夢や希望に向かって生きていく環境は整っていますか? 未来をどのようなものにしていきたいですか? 選挙のときには、自分たちの町のことから、国全体、世界全体のことまで、自分で考え、自分で責任をもって決断しなければなりません。

 

3.自分たちの未来を、自分たちの手でつくっていくために

 日本は豊かな国になりました。以前の不況期と比べると、内定率も大幅に向上しました。最近は「就職が決まった!」と喜ぶ若者の声をよく聞きます。

 ですが、日本社会全体をみると、まだまだ課題も多くあります。大きな社会問題は、どれも複雑な背景を抱えており、そう簡単に解決できるものではありません。色々な本を読み、多くの人の意見を聞いて、世の中について様々な視点から考えてみてください。これを機会に、保護者や友人や先生など、身近な人と真剣に話し合ってみるのもよいでしょう(社会や未来について主体的に考えるようになると、学校での勉強も面白みが増してくるかもしれません)。未来ある世代が、これからの社会の方針を決めること。これがいま皆さんに求められているのです。

 

 皆さんにとって、選挙とは、夢や希望が反映される社会をつくっていくための重要な手段です。今年の夏に向けて、未来や社会について、日常とはすこし違う視点から考えてみてください。この国を、皆が夢の実現に向かって活動できる国にするために。これからの社会は、あなたたち若者がつくっていくのですから。

 

 わたしはこれからも若者たちが夢を持てる環境をつくるため、活動していきます。地方創生、中小企業支援もその一環です。

 自民党は若者のための政策をさまざま用意しています。とりわけ今回の選挙では、自民党は税の使い途を抜本的に変更し、教育・育児環境を改善していく方向に大きく舵を切りました。そして自民党は、単なる目標ではなく、財政的な裏づけを用意した実現可能なプランを用意しました。これからの社会を担う皆様には、ここをしっかり評価していただきたいと思います。

 選挙前にはぜひ自民党の公約をご覧ください。

 参考:自民党公約ページ

 

 

【2017衆院選での私の公約はこちらの記事にまとめております。】

党のマニフェストとは異なる独自の方針を多数盛り込んでおりますので、ぜひご覧ください。

  ★竹本直一、7期21年の取り組みと成果のまとめ