#1☆北海道命名150年記念《全国心を繋ぐ150本ライブ》ファイナル!! | 竹森巧liveスタッフ☆レポート

竹森巧liveスタッフ☆レポート

☆ご声援ありがとうございます。

北海道命名150年記念

《全国心を繋ぐ150本ライブ》

ファイナル!!

 

心を繋ぐ150本ライブ

『ファイナル!!開催まで』

11月16日に

メンバーが集まっての

初リハーサルが

東京にて行われました。

会場のみんなに届く音楽を

歌のイメージや表情を

一音一音を確かめながら

音を合わせていました。

バンドメンバー皆で作って行く音楽!!

これは良いライブになるなと

確信しました。

中嶋 康吉さん(キーボード)

&ふじいみのりさん

(キーボード・コーラス)

 

木之内伸子さん(ベース)

ISSE Iさん(ドラム)

 

川村健司さん(ギター)

竹森巧(ボーカル)

素晴らしいメンバーに囲まれての

リハーサルでした。

◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆

 

そして本番当日

会場を作る実行委員の皆さん

朝の7:00会場入り

アップダウンも同じく

7:00に会場に入りました。

 

会場となる

「サッポロファクトリーホール」

 

沢山の方々からお祝いのお花が

届きました。

嬉しいお心ありがとうございます。

    

 

 

まだ入場前のステージ

皆さんの緊張が伝わってきます。

音や照明

一つ一つを確かめ合いながら

一つになってステージを作って行きます。

 

 

受付入り口にはグッズも並び始めました。

今日から発売の新商品も揃ってます。

 

受付スタッフの皆さんも

間違いがないか再確認をしながら

緊張が走ります!

 

寒い中早くから沢山のお客さまが並んでます。

ありがとうございます。

 

リハも終わりいよいよ

お客様の会場入り!

 

お待たせいたしました(^^)/

 

寒い中お待たせしたのに

嬉しそうな顔が

また嬉しくなります。

ありがとうございます。

 ☆

 

会場は満席!

二階席も用意しました。

 

客席からの

熱い空気が伝わってきます。

ちなみにピンクのTシャツは

前日バスツアー参加者の皆さん!

ピンク席をご用意しました。

 

レインボーな照明と

華やかな音楽に合わせ

相方の阿部浩貴さん登場!

会場の声援が響き渡ります。

《スーパースペシャルコーナー》(^^)/

 

ライブが始まってからの

諸注意事項を説明してから

会場を益々熱く盛り上げていきます。

アップダウンが「ライン@」を始めました。

 

その登録と本日の特典の説明!

アップダウンとしても

お笑い・歌・お芝居・ぬかづけマン

カテゴリーにとらわれず

一つになって進んで行きます。

その第一歩!!
 

すべての情報をここに集約して

皆さまに竹森巧LIVE情報や

アップダウン情報

オンラインショップなど

いち早くお知らせ出来るように

考えました。

どうぞご登録がまだの方は

ご登録をお願いします。

 

コチラから直ぐにご登録できます。

↓↓↓↓↓↓↓

アップダウン☆「ライン@」ご登録

 

◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆

北海道命名150年

松浦武四郎さんが

皆が安心して暮らしていけるようにと
心を込めて名づけられた『北加伊道』

”この地で生まれたもの”
カイ「加伊」=故郷

もともとここで暮らしていたアイヌの故郷

そして北の道なき道を

開拓していった人達にとっての

新しい故郷になりますようにと願いを込めて

「北の加伊の道」

北海道と名づけられました。

全国の色んなところから

開拓をしに来た人たち

つまり私たちのご先祖様は

自分の故郷の面影を

この北海道に重ねて見ていたのかも知れません。

◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆

「北海道」のBGMが会場に流れ

お爺ちゃんと子供の語りが始まりました。

 

そしてゆっくと流れる伴奏が

会場中を響き渡ります。

一曲目は故郷を想う歌

「心の街」

 

 

一曲目が終わると

会場の皆さんにご挨拶とお礼を

 

「今年一年間の想いを言葉ではなく

想いを音楽にのせ

皆さんにお届けします。」

 

そう言って二曲目は

「音時」

会場の声援が盛り上がります‼!

音時おんのじさ~!!

 

「全国各地で出逢った人達の顔が

目の前に浮かんできて

歌詞飛びそうでした!!

嬉し過ぎです。

ありがとう!」

そしてバンドメンバー紹介!!

 

ドラム22歳フレッシュ!

ISSEI

 

そしてそして

最高のベーシスト

ノブコ!!

 

そしてキーボード

プリティラブラブ

ふじいみのり!!

 

そしてそしてそして

この人が居なかったら

バンドがまとまらなかった

もう一人のキーボード

ナカジー!!

 

そしてそしてそしてそして

ギターリスト

TRIPLANEからお借りしてきました。

川村健司!!

 

そしてボーカル竹森巧で

お送りしたいと想います。

最後まで楽しんで行って下さいと

会場をわかせていました!!

 

会場の音楽に合わせた手拍子と共に

「誰だってヒーローになりたいはずだ!!

本物のヒーローになるため

日々みんな頑張っているんだ!!」

三曲目

「偽物のヒーロー」

 

そして相方の阿部浩貴さん登場

歌に合わせたスト―リーを演じます!

コントではなく真面目なお芝居

熱演です!!

妖精チャプチャプ!!

 

四曲目

「ちゃぷちゃぷ」

 

「皆さんにも人生の分岐点いっぱいあると想いますが

僕にとっての分岐点いくつかあります。

その分岐点の一つが去年でした。

ミュージシャンとしてステージに立てるきっかけになった曲

この楽曲を岩崎宏美さんに提供した事が認めてもらい

ミュージシャンとして活動する事が出来ました。」

 

ある方に頼まれ

実話を元に作詞作曲した曲です。

母親の愛を歌った曲です。

本当に大事な大事な一曲!!

「絆」

 

 

阿部浩貴さんが再び登場!

振られたばかりの男の子の役!

 

 

五曲目

「幼馴染」

一度は誰にでもあるような

身近な甘酸っぱい恋愛

そこにまた優しさと

”クスッ”っと笑える歌詞が

溢れていています。

男っぽい歌い方をする竹森巧も

この歌ならではです。

 

六曲目

「あなたの故郷」

哀愁深い

失恋のうた

舞台は港町

 

 

ここからアップダウン阿部浩貴さんのステージです。

竹森巧が全国心を繋ぐ150本ライブ敢行中の間

相方阿部浩貴さんは自身を磨くために

色々な事に挑戦しました。

そんな時にある情報を耳に

東京で

「ミュージカルバトルイベント」あると!

そしてエントリーしました。

でも出場している皆は

ミュージカル畑でならした

ツワモノばかり!

お笑い芸人なんて誰もいない!

場違いかと後悔もしましたが

でも出ると決めた以上頑張ろうと!

その結果

優勝しました!!

と阿部浩貴さんが語り

会場は大盛り上がり!

阿部浩貴さんがその時演じた

創作ミュージカル

「ミュージカル尾崎豊」

 

15の夜を熱唱

ミュージカル劇が始まります。

尾崎豊を熱唱する阿部さん

会場も手拍子で盛り上げていきます。

そしてお芝居の中に笑いも!

10代最後

苦しむ尾崎を熱演!

10代最後まであと3日

レコーディングスタジオに

スーツ姿で現れる‥

こんな阿部浩貴さんも

初めて観ました。

ミュージカルで

会場を楽しませてくれました。

阿部さんありがとうございます。

 

 

まだまだ続きます。

次のページへ(^^)/

《#2☆全国心を繋ぐ150本ライブファイナル!!》