ネトウヨ、陰謀厨の心理 | 社会毒の変

社会毒の変

社会毒、陰謀論、オカルトに翻弄されるバカらしさ。
不安を煽る連中を叩っきれ!

職業 兼業投資家、世の中不安を煽る輩ばかり。大半がそれに追随するブログばかりで反論する者がいない。だったら自分が書いてやれ!と思って立ち上げました。

前回は構ってちゃんについて書いたが、次はネトウヨや陰謀厨について書こう。一見両者は違って見えるが、かなり被っているのも事実である。


・両者は21世紀になって急拡大した、現代日本の新しいカルト宗教。

⬇︎何度も挙げたこの図が全体像になる。


・自分の信念が無く、流されやすい人が右翼思想(この場合はネトウヨ)や陰謀論に染まりやすい。


・戦後の急性アノミーが大量発生、それが時代の流れと共に、様々な形態になって現れた⬇︎


1970年代以前は左翼というか、学生運動などが主であり(赤い線)、1990年代はカルト宗教(緑色の線)が流行った。今は右翼化が跳梁跋扈しており、青い線の時代になる。


この法則だと、1990年代後半から21世紀になった頃、ネトウヨの黎明期に該当し、2005〜2014年頃に最も活発化する。最近になると、ネトウヨの時代の終焉が近いと思われる。


・ネトウヨの心理

現在の私の場合、反政府的なことをTwitterやこのブログには書いている。政府自民党のやってることがあまりにおかしいと思うからだ。


以前からそうだったわけではなく、2012年末の第二次安倍政権の頃から「いよいよおかしくなってきたな」と実感するようになったからだ。おかしいと思ったらおかしいと声を上げるのは当たり前のことだが、それを声を上げるなとか言ったり、政府に逆らうなという空気が出たりするのは、世の中が既にファシズム化している事になり、非常に危険な兆候になる。


ネトウヨに言わせると、私のような者を「パヨク」とか「左翼」「反日」とか言っている。本来の左翼の意味とは全く違い、自民党に逆らう者、ネトウヨ連中の脳内ウヨファンタジーを否定する者を左翼、パヨク、反日と言っているのである。


戦前なら「非国民」「国賊」と呼ばれていた。それと全く同じだ。


私の心理は、自分の信念があり生き方があり、自分の人生観や価値観に誇りを持っているので、他の人生観、つまり愛国だの保守というものはかなりウザいとしか思えない。自分の信念があるので他のモノを持ってくんな‼️と言いたい。

(最も、ネトウヨのいう保守や愛国は、エセ保守、エセ愛国でしかない)


ネトウヨの場合、元々このような信念や自分の価値観が無く、だから安易にウヨに染まるのである。右翼思想(似非右翼思想)と同化して悦に浸っているだけだ。また、自民党や自衛隊、米軍やトランプ前大統領とか、強い者に脳内同化してしまい、自分も強くなった気でいる。同化したがるのは自身が弱いから、自身に誇りがないからである。


あるネトウヨ連中のグループを見ていたが、その中の1人が嫌がらせを受けているらしい。その人は「私に嫌がらせする、反日、左翼には絶対に負けない」と豪語していた。


ところが、他のネトウヨの書き込みからわかったが、嫌がらせしてるのはサヨクではなく、別のネトウヨグループの人間だとわかった。「左翼の嫌がらせ」、「我々保守分断を狙う者の仕業」などと連中は言ってたが、実際には「ネトウヨ同士の内ゲバ」ということがわかる。


関係ない話題だが…⬇︎

悪質ネトウヨとして有名な黒瀬深。Dappiの正体や黒瀬のアカウントの正体がバレ、活動が縮小すると、ネトウヨの嫌がらせが激減したという報告が多い。


最初の図に戻るが、ネトウヨは陰謀論との親和性が非常に高い。これは反ワクチンや反コロナもそうだ。陰謀系の連中は必ずこの図のようになっている。

陰謀論にのめり込んだ者の証言。


・自信がなかった

・凡人でいたくなかった

・他人を見下したかった

・何かに騙されてる、利用されてるという思いが常にあった

・世界を信用できなかった


全てこんな心理が陰謀論に駆り立てる。陰謀論だけでなく、インチキ医療、内海教や船瀬教、反コロナ、反ワクチン、トランプ教、更にネトウヨも全てこの心理があるに違いない。


もっと詳しく言おう。

私ははっきり言ってこの連中を見下してはいる。が、それで快感は得られない。「早めに目覚めろよ」と思ってるし、目覚めた人には「おめでとう」と思う。


だが、陰謀厨やネトウヨはそれ以外を見下して快感を覚えているのである。だからやめられないのだろう。


⬇︎良かったら、下のクリックもお願いします。