武市太志税理士事務所 公式ブログ

武市太志税理士事務所 公式ブログ

ブログの説明を入力します。

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:

こんにちは。

神戸 西元町の税理士 武市(たけいち)です。

 

 

先日、知り合いのご紹介を受けて、この4月に開業されたばかりの個人事業者の方の個別相談をする機会がありました。

 

それまでは会社にお勤めされていたのですが、帳簿とか税金申告のこととか全く初めてで、何をしなければならないのか、どこから手をつければよいのか、途方に暮れて不安とあせりばかりがつのっていたとのことでした。

事業そのものを軌道に乗せるのに精一杯の創業期に、より強いストレスを感じますね。

 

事業開始後の税務署の手続きはどうすればいいのか

税金や経理に関して、しなければならないことは何なのか、

まず何から始めればいいのか、

帳簿作成ってどうしたらいいのか、自分でつくれるものか、

これらのことで、

事業開始されたばかりの方や会社設立されたばかり方の多くが悩まれています。

 

まずは、詳しい専門家に相談したいところですね。

これまで税理士と身近に付き合いをしたことがない方にとって、初めて税理士に相談することって結構高いカベを感じられているところがあるようです。

 

顧問契約というあまりなじみのない契約をすることにも抵抗感があるようです。

 

そのような中で、

事業を軌道に乗せるのを最優先にして、「経理のこと、税理士への相談は後回し」としたくなる気持ちもよくわかります。

これまで触れたこともない事ですし、どう考えてもあまり楽しそうにも感じないことですから・・・。

 

ですが、後回しはマズイです。

すべきことに期限があるためです。

所定の期限までに届出書類の提出や決定等の手続きを完了しない場合には、税金計算をするうえで不利な取り扱いになったりするものがあります。法律の規定なので、期日に1日遅れても通常オマケはありません。

例えば、

  青色申告をするための承認申請書の提出

  役員報酬の支給額の決定と支給開始

などがそうです(手続きの詳細は、おいおいこのブログでも紹介すると思います)。

これらの手続きを期限までにしなかったときは、場合によっては百万円単位で余分な税金を支払う結果となることもあります。

 

税理士は敷居が高いということで、とりあえず自分で調べる方もいるようです。

いまどきインターネットで検索すれば何でもわかる、と思われかもしれません。

確かに多くの情報を得ることができます。

ただし、正しいものもあれば、間違った情報もあり、新しいものもあれば、既に古くなってしまったものもあります。

その中から、自分が選ぶべき正しい情報を拾い出すのは正直簡単ではありません。

 

時間と手間がかかるわりには、これで合っているのかという心配が残り、結局不安感をいだいたままということもあります。

間違った情報を信じて損失を被ることももあります。

 

税理士に相談するということは、自分であれこれ調べるのにかかる時間、正しい情報と安心を買うことだと思います。

まずは、敷居が高く感じるかもしれませんが、勇気をもって税理士にご相談されることをオススメします。

 

実際に相談してみると、意外と身近な存在だと感じてすっきりできるかもしれません。

 

冒頭で書きました個人事業主の方も、相談が終わった際に

「おかげ不安感がかなり解消されました。もっと早くご相談にくればよかった。」

と言われ、安堵の表情が浮かんでいました。

 

このブログをご覧になられたのも何かのご縁かも知れません。

ただいま当事務所では、初めての方に限り初回30分相談無料サービスを実施しています。

事業を開始されたばかりの方は、この機会にいかがですか?

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス