ほぼプロ作家の青空日記

以前ISBN付きで出版して絶版に追い込まれた本がアマゾンで131.25倍の価格で取引されています。宮城県は福井県に続く第二の故郷となりました。心から読者の皆様を愛しています。[*^_^*]』



テーマ:

男は


存在をかけて


社会的生命を


かけて、男と


戦い、一つの死


あるいは、二つの死を生む



かし


女は出産という


死のリスクに


命をぶつけて


もう一つの


あるいは、二つの命を産む

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
-出来そこないの田舎侠客、沼沢のなかの泥ぶなのような草賊の親分。というのが、劉邦も自認しているかれの前半生であったが、その経験で学んだことといえば子分や兄弟分に対する信しかなかった。信が、めしを食わせてくれる。なんとか人が集まり、人が協けてくれた。挙兵のときもそうであった。人望といい、吏才といい、物事をふかく考える能力といい、蕭何のほうがはるかに上で、柿の父老たちも、-蕭何さんを立てればどうか。と、少年たちに説いていた。蕭何はそれを辞し、みずから劉邦を推戴して衆にもすすめ、自分はくだってその事務役にまわった。ひとびとは劉邦をいかがわしく思ったが、蕭何は動かなかった。劉邦には信がある、と蕭何は思っていたのである。(…しかし、ここで)周苛たちを救うべく再び紫陽へゆくということは項羽に再び敗け、こんどこそ殺されるということであった。(虎の顎のなかにもどるということだ)関中の成陽での劉邦は、身の処すすべもないほどに苦しかった。この時期、惑乱したこともある。「たれか、いないか」おれに代わりたいという者は-と、食事の途中、箸を投げだしてわめいたのである。本気であった。それ以上に切迫した思いで、声は半ば泣いており、表情は運命にむかって哀願しているようであった。項羽にはとても勝てない、自分は巴蜀の山の中に退いて百姓でもしたい、巴蜀は遠い、沛のほうがいい、もし出来れば沛にわずかな土地でももらって老後を送りたい、と叫んだ。劉邦は、天下に望みを持つなどという気持は捨てていた。捨てれば、気が楽になった。「たれかいないか」おれはその男に代わる、と叫びつづけた。さしあたっては、紫陽へゆくことがこわかった。しかしゆかねば、信をうしなう。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「魯迅の中国人の民族的惰性に対する批判は、力強く、深く人々の心を震撼させた。彼は間違いなく中国の現代史上における思想家、革命家、文学者である。彼は文学を武器として多くのマヒしきった魂を呼び起こした。革命的な思想家として、彼は間違いなくあの時代における先鋒的な戦士だった。しかし、文学的な思想家として、彼には春の明るさ、夏の暑さ、秋のはかなさが欠けており、持っているのは冬の厳しさだけだ…」(「魯迅は大御所作家ではない」天涯社区ネット)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。