歯に出来る黒いシミの正体は一体なに!?虫歯?汚れ? | 歯の黄ばみの落とし方-自宅で歯磨き粉を使って白くする方法-

歯の黄ばみの落とし方-自宅で歯磨き粉を使って白くする方法-

歯が黄色くて凄いコンプレックス!どうしたら白くなるの!?白くする方法やホワイトニングの事も詳しく紹介!歯の黄ばみ(着色汚れ)、ステインを効果的な歯磨き粉で落とす方法も紹介しています。

歯の黒いシミができる原因

 

 


歯が黒くなる原因として、歯についた汚れからできるという点が挙げられますが、それ以外にも様々な原因があります。

 

 

その一つが脱灰です。

脱灰とは歯が溶ける現象で、誰にでもおこっている現象です。

 

 

逆に溶けた歯を修復することを「再石灰化」といい、脱灰と再石灰化は日常的に繰り返されています。

 

 

甘いものを食べ過ぎるなどして、脱灰と再石灰化のバランスが崩れたとき、再石灰化が追いつかず、脱灰のみがおこなわれ、歯が黒くなるのです。

 

 

悪化するとこれが虫歯になり、さらに歯が黒くなってしまいます。

 

 

脱灰以内にも加齢などで歯が黒くなる場合があり、人によって歯に黒いシミができる原因が異なります。

 

 

 

歯の黒いシミをなくすケア

 

 


汚れ以外に黒いシミができているようでしたら、歯医者さんでのケアがオススメです。

 

 

私も、歯医者さんに通院して、黒いシミを消すことができました。

虫歯の場合は、その箇所を削ったり詰め物をすることで解決できます。

 

 

脱灰の初期の現象の場合は、丁寧なブラッシングで解決できますが、念のため歯医者さんに行くといいでしょう。

 

 

再石灰化を促す治療があり、早めにケアできます。

加齢や病気の副作用によるシミであるならば、歯医者さんで治療することは困難です。

 

 

そのため、ホワイトニング専門で治療をおこなう必要があります。

ホワイトニングは保険適用外のため、費用がかかってしまいますので、その点は注意が必要です。

 

 

このように、原因によってケアの方法は異なります。

なぜ黒いシミができているのか理解することが重要です。