個別指導塾で働く塾女ブログby 武田星子@株式会社WiShip

WiShipの『百隅を照らす太陽部長』こと武田星子の公式ブログです。
2015年1月に第1子を出産し、『子持ち塾女』になりました!!
イキイキ活躍したい塾女たちと、塾女にも活躍してほしい塾経営者の方たちと共に綴っていく、働く塾女応援ブログです。


テーマ:

みなさま大変ご無沙汰しております!!


いやー、長かった。またやってしまったですね。

長い間ブログを止めていたのにはワケが・・・


ありません。すみませんガーン



4月20日(日)に行いました、春の塾女研究会。



『塾と教育』様のホームページの『新着情報』でもご紹介いただきました。

(ありがとうございます!6月号にも載っています(^^)v)

http://www.juku-kyoiku.com/news/3129.html



弊社WiShipが毎週お届けしているメールマガジン『ウイメル 』では、

4月から毎週第二火曜日に、『塾女の花道ブーケ1』というコラムを書かせていただいています。


そちらでは、すでに春の塾女研究会内容をご報告させていただいていたのですが、



すーっかり、ブログでご報告するまでこんなに時間がかかってしまいましたあせる


お待たせした方、すみません(^^)

ぜひお読みください↓



●春の塾女研究会のご報告●





(1)自立型授業の可能性~マイベスト 阿部彩映子先生~


なんといっても今回最も驚かされたのは、この塾女先生のパワー。

まだ社会人になってまもない彼女ですが、経験年数なんて関係ないですね。


この塾女研究会のために、一生懸命準備してきてくださったプレゼン。


素晴らしい内容でしたし、私自身とても勉強になりました。


『マイベスト』という塾に出会えた奇跡、

安田先生という塾長に出会えた奇跡。

期待に応えようという一生懸命さがにじみ出ていました。


まだまだ試行錯誤が続く「自立型授業」ですが、

阿部先生がおられる「マイベスト」さんの試みは、とても興味深く

これからも追いかけ続けたいと思います目目


当日会場でプレゼンを聞かれていた塾女先生からも感嘆の声。

「うちに欲しいわー」なんて声も聞こえてきました(笑)


これからの益々のご活躍をお祈り申し上げますニコニコ


(2)塾女ワーク「女性雇用継続の可能性」


こちらは、WiShip無料メルマガ第2火曜配信の『塾女の花道』から抜粋しています↓


塾女研究会では、毎回テーマを決めてワークや講義を実施しております。

前回の塾女研のテーマは「女性雇用継続の可能性」。

「優秀な塾女が辞めるなんて惜しい!!」そうお感じの塾メンの方にも、ぜひ意

識して考えていただきたい内容です。

自分の会社(塾)には、女性の先輩(または上司)がいない・・・。

これは、女性にとってなかなか厳しい環境ですね。

なぜなら多くの女性は、ロールモデルを求める生き物。

「あの人のように私もなりたい」そう思える人が身近にいるかいないかが、

仕事を続けていく上で大きなポイントであったりもします。

もちろん身近にそういった女性がいなくてもバリバリやっていく女性もいますが、

ほとんどの女性が身近なロールモデルを自分自身に投影することが多いものと思います。

昨秋に実施した塾女研究会では、「なぜ女性上司が少ないのか?」

その現象の要因を探っていきました。

様々な意見が出ましたが、その結果を集約すると、

7つのカテゴリーにわかれました。

(1)ライフイベント:結婚や出産など

(2)塾業界という職種によるもの:長時間、時間の遅さ、体力的な問題など

(3)女性自身の仕事観:統括より現場向き、キャリアアップの意欲がないなど

(4)女性性の特徴:感情的・現場の仕事が女性に向いているなど

(5)性役割分業(職場):男性社会、ずっと働いてくれるという安心感を得に

くいなど

(6)性役割分業(家庭):家族の理解、介護など

(7)その他

一番意見が多かったのは、(1)(2)で、その2つで全体の50%を超えました。

男性にも女性にもさまざまな価値観があるため、

(3)以降については「人それぞれ」といえるテーマでもあります。

しかし、(1)(2)について は、突破できるかもしれない壁だと思うのですね。

もちろん、これは塾女達の力だけでなんとかできる問題ではなく、

国や自治体の制度、会社の体質やしくみについても再考の余地はあるものと思いますが、それらの問題を女性自身が考えること自体にも大きな意味はあると思います。

そこで、今回のワークでは目!!

女性雇用を継続できるようにするために「現状と理想を把握しましょう」ということになりました。

具体的には、

自社の女性管理職(教室長以上)の割合や

子持ち女性社員の割合、

既婚・子持ち塾女のワークスタイル、

会社の制度(特に産後の復帰状況)や

会社及び同僚の意識、

また自分たちの意識について掘り下げてみました。

(詳細の結果は第6回塾女研究会にて発表する予定です(^_^)

多くの会社()の方にご参加いただいている塾女研究会ですので、

様々な事例が飛び出しとても有意義でした。

1番懸念していることは、みんなやはり「産後復帰の状況」ですね。

そして、色々な意見はあるものの、

特に塾女研究会に来てくださっている塾女先生方は、

「この塾(またはこの会社)で貢献したい」という想いを持っているということが

ヒシヒシと伝わってきました。

1番印象に残っているのは、

今回ご参加くださった大手学習塾の総務の方が仰っていた

「利益を生み出せる人材であれ」

という視点です。

時短やパート勤務があればいいな、

間接部門があればいいな、

という考えはもちろんあるとしても、

自分自身が会社や塾にとって「ぜひ復帰してほしい」といってもらえるような人材であること、それをまず目指すという大前提の姿勢は、非常に重要であると感じます。

自分自身がロールモデルになるんだ!と息巻く頼もしい塾女先生がたくさんおられます。

ぜひ当事者意識を持って、会社(塾)と協力して女性も男性も イキイキ働ける組織づくりを目指していきたいものですね(^_^)


(3)塾女力講義 『数字を意識した大人気教室の運営秘訣(1)』


こちらは、毎度武田が担当させていただいております、業績アップのための勉強会です。


『数字は正直』


この大きな柱をもとに、5月から10月の教室運営についてみていきました。


なぜ数字を意識することが重要なのか


数字の動きと人の心がどのようにリンクしているか


そういうことをメインにお話し、もちろん具体的施策についてもお話します。



でも大切なのはやっぱり『考え方』ですよね。


具体的な施策は、塾さんによって変わってきますし、

絶対コレが鉄板!!という技は無いものと思った方が良いと思うのです。


だからこの講義では、

出来るだけ『どう考えるか』ということにポイントを絞ってお話するようにしています。


皆さん本当に真剣に聞いてくださって、いつもありがとうございます(^^)


少しでも、皆さんの教室にプラスになることを願っています★



●次回の開催について●


次回、京都開催は、10月26日(日)を予定しております。

また詳細が決まり次第、ご案内させていただきます(^^)


是非是非、お集まりくださいませ。

毎回「初めてです!」という方が必ずおられますので、


初めての方もお気軽にどうぞ★




最後に・・・


私ごとでございますが、

実は春ブーケ2に挙式・披露宴ラブラブを行いましたー(^^)



武田の結婚の報せを受けた、とある塾メン先生はホッと胸をなでおろし、

「武田先生の恋人は・・・仕事だけだと思ってました!!」とな(笑)


ご心配には及びません。

仕事は今でも永遠の恋人です。ホホホ得意げ


結婚に際しては、たくさんの祝福のメッセージをいただきまして、

本当にありがとうございました。

塾女仲間の先生方や塾メン先生からもプレゼントをいただいたり、幸せ者でございます。


これからも益々頑張っていきますので、

変わらぬご指導をお願い申し上げます!




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

百隅を照らす太陽部長さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。