書のスタートライン | 武田双鳳の「そうほう録」
新型コロナウイルスに関する情報について

武田双鳳の「そうほう録」

「書で人生を豊かにする」をテーマに、日々のオモシロさを探求する書道家・武田双鳳の日記

書はモノクロ、
墨は黒色と思われがちですが、

墨の成分によって
紫紺系や茶系の黒になったり、

光の当たり方によって、
様々な色に変化したりします。


花の色もこうだと
決めつけてしまうと、

もっと多様で豊かな
色をしていることに、
気付きにくいように思います。


影の色だって一度きりの色。
2度とは、同じ色には出会えません。



墨の色は「一会の色」。

二度とは同じ墨色は
出せないことに気付いたとき、

書のスタートラインに
立てるのかもしれません。

@いまから、今月最後の通常稽古o(^-^)