「力を抜きなさい」。

 

そう言われ、力を抜こうとすればするほど、
力が入ってしまう。

 

力を入れようとして
力が入っているわけはない。

 

知らないうちに
どうも、力が入ってしまっている。

 

「力が入る」という無自覚の問題を、

「力を抜く」という自覚でのみ
解決しようとする苦しさ。

 

「結局、量をこなすしかない」とも
言われるけれど、

 

がむしゃらに量をこなしても
抜けないものは抜けない。

 

 

さて、どうしたものか。

 

「イマヲタノシム」という

基本姿勢を前提に、

 

「立つ」「歩く」「息をする」。

そんな基本動作の在り方を通じて、
 

自分のカラダに耳を澄ますことから、

書の稽古を、始めてみようと思います。