小学校低学年の小さな頃から
通ってくれている中学生の生徒さん。

「願い叶う短冊」という
書道ワークショップで、

「彼氏ができました」と
過去形で願いを強めながら、
一所懸命に書いています。

「家に飾るとお父さん心配しない?」と
尋ねてみると、

「お父さんは彼氏歓迎派です」と。
なんて、懐の大きな~と思ったら、

「前、好きな人の話をした後、
お父さん、熱出して寝込みました」と。