「令和」の金文。
「和」は「龢」。 

右側の「禾」は、やわらかさを、
左側は、調和した音楽を示す。


 「和」(龢)の起源が
「やわかなハーモニー」だとすれば、

令和の英訳「beautiful harmony」にも
マッチしているのではないでしょうか。

いよいよ、
明日から新元号。

平成の次は、
どんな時代になるのでしょう。

悲しいことに、
平成も世界中で
戦争が続いてしまいました。

どうか、令和時代は、
世界中の人々が平和で穏やかに、

やわらかなハーモニーに
包まれることを、

ただただ、祈るばかりです。