「聿」。

「書」とっては、もちろん、
「聿」(筆)は重要です。

「聿」はフデのみでは、
「聿」になりえません。

「聿」のような軸が通り、
しなやかに動くカラダがあって、
はじめて「聿」になります。


写真は、「聿」のようなカラダを
感(観)じる体操の時間。

肩こり腰痛などに悩む
現代人にとっては、

より重要となる
本来の「書」の稽古です。


今月の書作品ワークは
扇げば励まし筆文字団扇。

励ましのメッセージで団扇をデザインし、
誰かに贈ります。

もちろん、お手本の模倣(臨書)は、
とても大切な稽古ですが、

自分らしさの表現(創作)との両輪が
バランスよく回ることでこそ、
臨書の稽古にも身が入ります。



中学生の生徒さん。
「大好き ずっと一緒だよ」とお父さんに。



月曜夜クラスでは、投票の結果、
「生きてるだけで丸もうけ」が優勝。

それぞれの良さを認め合い、
互いに高め合うための作品の比べあいは、
いつもながら、爽やかなものです。



カラダをほぐし
愛媛の美味しい饅頭をいただき、
作品作りを存分に楽しみました。

生徒の皆さん、豊かな時間を
ありがとうございました(^-^)