お酒、

お酒、、

お酒、、、

お酒~!

何故だか、今週のお稽古では
お酒をもりもり頂戴しました。
(みなさん、ありがとうございます!)

お稽古のとき
お茶とお菓子の時間はあるのですが、
もちろん、お酒は飲みません。

「一口飲んでみますか?」と
冗談まじりに言って見ると、
思いの外、生徒さんの食いつきが。

みんなでワイワイ試飲会が始まり、
カッポンカッポン飲み干されます。

「精米歩合が」「吟醸とは」など、
お酒に疎い私とっては斬新な話題。

車で来てしまった~悔しい!!
との雄叫びもいただきながら。


そもそも、酒と書の相性はよく
(もちろん適度な酒でしょうが・・・)

あの書聖・王羲之の
最高傑作「蘭亭序」は、

宴の席で酔っぱらって
即興で書かれたもの。

その後、清書を試みるも、
宴席での書を超えられなかった・・・
との伝説が。

183㎝80㎏の色黒九州男児で、
酒飲みと思われがちな私ですが、

実は普段、
ほとんどお酒を飲まんとです・・・。
(宴会では、美味しくいただきますが)

ただ、みなさんが、
あまりに美味しそうに、
あまりに楽しそうに飲むので、
 
ちょっぴり、
お酒に興味が湧いてきました。

母の知り合いが、
酔拳ならぬ「酔書」を
やっていましたが、

ヒモトレにおける
ヒモあり・なしの
書き味のテイスティングのように、

サケあり・なしの
書き味のテイスティングも
オモシロそう。。
(サケトレ?スイショヒモトレ?)


☆なぜだか、酒の撮影会が・・・

☆仕事終わりのアシスタントさんが
ぷっはぁ~と。。

ちなみに、みなさん
お稽古はいたって真面目に
取り組んでおられます・・・