筆以外で
筆文字デザイン。。

さて、何を使って
書かれたでしょう?

みなさんが、
よく触るアレ(^_-)


正解は・・・


ペットボトルのフタ!
手を墨まみれにしてまで、
デザインをしてくれました。



改めて作品を眺めると、
お見事ではありません?

最初は、
線にペットボトルのフタ感が
出過ぎたのですが、
(写真とればよかった・・・)

筆感(先・軸・弾)を活かせば、
ただのペットボトルのフタでも、
多種多様な線を表せるものです。

ペンや鉛筆で
美しい文字を書く秘訣は、
「筆感を活かす」です。

ペットボトルのフタで
筆感を出そうとすることで、

ペン字や硬筆が、
場当たり的ではなく、
根本的に上手くなります。

生徒さんは、
ペットボトルのフタなど

筆以外のおもちゃで、
愉快に遊び、大いに笑っています。

実は、その遊びが、
どの稽古よりも合理的かつ効果的な
本物の稽古だとは知らずに・・・

(稽古と思わず、ただ遊んだ方が伸びるので、
知らない方がいいのですが)

本物の筆とじゃれあうと、
心身の先利きが鋭敏になります。
心身の軸が通るようになります。
心身に弾みが生まれてきます。

書法道場の書道は、
欲深い書道です。

ただ、書き方を
美しくするだけでなく、

仕事の仕方、勉強の仕方、
人との付き合い方、 
プライベートの過ごし方・・・

あらゆる面において
「美」を感じて欲しい。



今月は、
全国デザイン書道大会。

どんなオモシロ道具が
飛び出すか、楽しみです(´▽`)ノ