食事。食べれたらいいってものじゃない。衣服。着れたらいってものじゃない。住居。寝れたらいいってものじゃない。

憲法も、生きる権利に「文化的」の形容詞。

うーむ。めんどくさい生き物、人間。ライフにいちいち「スタイル」「文化的」を求めてしまう。

でも、こうやって、スマホで交流できたりするは、先人達が文化的でありつづけたから。

人間にとって「生きる」とは、何だろう。もし、「文化的」だからこそ、人間として「生きる」のかも。

言葉も、ただ書けたらいいってものじゃない。いかに人間らしく、いかに文化的に書くか。

いかに「生きる」か。いかに、より「生かす」「生かされる」か。

3000年の文化的遺産たる「書」から、ヒントをもらっていこうと思います。