比叡山。
近すぎて行くのは久しぶり。

お目当てはコレ。

普段は見られない
非公開の秘仏がズラリ。
(写真撮影不可)

王羲之の書風が随所に表れる
最澄直筆の書、
見事としか言いようがありません。


最澄の御廟がある浄土院の書。
最澄の書かどうか分かりませんが、

唐で様々な書風を学んだ
空海の飛白体のような
雑書体的な表現です。

運良く、
比叡山の職員の生徒さんに会い、

特別に比叡山に寄贈された
近現代作家の書作品や日本画を
見せていただきました。

筆運びの息遣い、墨入れ方の変化・・・
もう、感動しっぱなし





もちろん、
仏像の佇まいも美しい。

平安後期の彫り方は、
女手(平仮名)、和様漢字に近く、
書の勉強にもなります。



美の連鎖。
どこにいっても癒されます。



最後は、
本当のお目当てを。

ぜんざい嫌いな兄が、
一口食べると、

「ひぇ~」とよろこび、
体調不良からイッキに回復。

「うまいうまい」と客引きを始め、
お店がごった返した・・・という
武田家伝説の(^-^)