ハガキを「話」という文字でデザインしたい。

でも、どうも上手くいかない。

 

「花」や「遊」はデザインしやすいけれど、

なぜだか、「話」は上手くいかない。

 

さて、どうしよう・・・?

 

そう、悩んでるだろう生徒さんにご提案。

 

他の生徒さん達に『話』をデザインしてもらい、

いいとこどりしましょうか?

 

 

たった数分、みんなで「話」のデザインをして、

たった数秒、みせあっこしただけで、

 

その生徒さんの「話」のデザインが

瞬時に生まれ変わりました(一番右上のハガキ参照)。

 

それどころか、他の生徒さんの

文字のデザインも生まれ変わりました。

 

 

いつも言っていることですが、

文字のデザインは、

センスではなく知識です。

 

知識は頑張ってつくったり、

努力してひねり出すものではなく、

 

分かち合ったり、

受け継いだりするものです。

 

 

 

書法道場という「場」が

作り出す生まれ変わりの瞬間。

 

心を開いた生徒さんが

集まってくれるおかげで、

 

今月の稽古でも、

目の当たりにすることができています。