書法道場における

児童生徒の皆さんの稽古の様子を

一部、ご紹介します。

 

●講義

法律のプロ講師としての経験も豊かな師範が、

書き方以外にも通じる「ものの見方・考え方」を伝えています。

 

 

●ゼミ

自分のアタマで考えたことを

自分のコトバで伝える練習をすることで、世界を広げていく能力を養っています。

 

 

 

●個別指導

直接手を取りあいながら、技術を伝えます。

通信教育ではできない、

ライブ授業ならではのリアルな感覚を分かち合っています。

 

 

ワークショップ

先行きが不透明なこれからの時代を生き抜くために

発想力・直観力を磨く時間です。

 

筆文字団扇や短冊など、

様々な書作品作りにチャレンジしています。

 

 

自主学習

それぞれの自主性に任せることで、

意欲的に物事に取り組める力(人生を楽しむ力)を育みます。

 

 

●ボディーワーク

そもそも「立てていない」、「座れていない」ことから、

様々な不調が引き起こされます。

 

「立つ」「座る」「歩く」。

日常における本来のカラダの「あり方」を引き出すための

大切な時間です。

 

 

その他、筆文字ゲームや瞑想、掃除などを

多様な稽古を行います。

 

これだけの種類の稽古を、

ギューッと凝縮してたった90分で行います。

(そのため、時間管理力も育まれます)

 

そう言うと、「詰め込み」的に思われそうですが、

途中でお菓子を食べたり、遊んだりもします。

 

そもそも、「遊び」と「学び」を分けていませんから、

「ずっと遊んでいる」と感じている児童生徒も少なくないでしょう。

 

「ここに来ると人格が変わったように楽しそうにしている」

と、入会して3ヶ月ほどの小5の生徒さんの保護者の方から、

コメントをいただきました。

 

書法道場は、子供たちの「学び」を、

「遊び」や「楽しみ」に変える場所です。

 

子供たちが内に秘める、

無限の可能性を開くための場所なのです。

 

 

体験入会

※小1から体験入会を受け付けています。

※正式入会にあたっては、一定の入会条件を満たす必要があります。