諦められない思い。 | 武田航平オフィシャルブログ「TAKE」Powered by Ameba
2015年03月06日

諦められない思い。

テーマ:ブログ
おはようございます。

久しぶりに思いの丈を…

ぼくの人生の想像力を駆り立てるキッカケになったといっても過言ではない作品。

FINAL FANTASY シリーズ。

中でも僕がはじめてプレーしたのがFFV。

おじいちゃんに買ってもらって兄と2人で時間を忘れてやった。

ぼくはもっぱら見る派。笑

でも、その思い出が昨日のように蘇る。

そんな中、月日は経ち…

ぼくが高校生のときに、とあるオーディションにいった。

それが、ぼくの大切な作品。

FFXII

言われたことを必死にやってみた。

そしたら使って頂けた。選んで頂けた。

しかし、そこからはさ…

本当に周りのスタッフさんや声優さん
俳優さんに助けて頂きました。

右も左も分からないまま、必死になって主人公に命を吹き込んだ。

モーションキャプチャーではスタッフさんにたくさんのアドバイスをしていただき…

声優としてはじめての仕事をし、ご存知の通り滑舌もわるい、テクニックもなかった。

けど、スタッフさんや周りの方々…そして受け取ってくれたFFファンの皆様のおかげで…

届けなきゃいけない人間なのに届けてもらって助けてもらって…

そして『ヴァン』が完成した。

空賊に夢を見る少年が仲間に助けられて成長するように、俳優として、人間として成長できた。

当時FFファンの方々からはもっとこーしたほうがよかったのじゃないか?

ヘタクソって本気で思って言ってくれた方々のおかげで今まで生きてきました。

ぼくにとっては人生のターニングポイントの一つ。

しかし…

そんな大切な作品と一旦、お別れしなきゃならない出来事がおきた。

当時どうしてもできない状況がおきてしまった。

ただ、ぼくはディシディアをしらなかった。

ヴァンとして生きていたかった。

その状況下で後をついでくださった俳優さん…小野さん、ありがとうございます。

あなたのおかげでヴァンの命が繋がりました。

本当に!本当に!感謝してます。

ありがとうございます。

そして…

ここで、ぼくが言ったところで何かが起こるわけではありませんが…

スタッフさんや皆様に感謝と共に…

もう一度ヴァンとして生きたい。

この数年間忘れた日々は1日たりともない。

本当かどーかはわからないけど、ディシディアがアーケードになると噂を聞いて、こんな公共の場で言わせてもらいました。

勝手な都合で離れてしまって引き継いで頂いたのですが…

もう一度ヴァンの人生に関わりたいんです。

人生一度きり、後悔したくなくて言いました。

こんな人間が必死に、壮大な世界に生きた1人の少年に思いを馳せる。

少しは夢見てもいーじゃないですか!

では、一日がんばりましょう!

タケダでした。

武田航平さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース