「バリアアリー」効果を、半減させるものとは? | ♿が教える、ボッチャに活用「○○力」!!

おはようございます。  
バリアをバリアじゃなくして
出来ることをupさせる、
バリアフリーアドバイザーのたけちゃんです。

本日は、
「バリアアリー」効果を、半減させるものとは?



先日、家のテーブルに、
「片手で剥ける」と記載された
オーストラリア産ミカンの袋詰めが
ありました。(妻が買ってきたヤツ)

僕は一瞬、
「ほ~、片手で剥けるとは楽そうだな...」
と思いましたが、
すぐに「あ~、これに慣れてしまっては
絶対にいけないな」になりました。(^-^;

というのは「片手で剥ける」ということは、
皮がめちゃくちゃ柔らかいということ。

『え、なら片手で剥きやすいじゃん。
何が問題なん?
キミ片手が使えないんだろ。』

はい、
でもそれにより「バリアアリー」効果
期待出来なくなるんですよね。

『ん、バリアアリー効果?』

はい、通常の国産のミカンだと
皮の柔らかさなんてまちまちなんですけど、
出たとこ勝負で
どんな種類のミカンであっても、
片手で「なんとかして」剥くんですね。

僕の場合は車いすに座っているので
太ももの上にハンドタオルを敷いて、
その上でほぼ動かない左手で
なんとかしてミカンを固定し
右手のみで剥いていくんです。
堅かろうがやわらかろうが
大きかろうが小さかろうが...

あくせくしながら...

この「あくせくしながら」が
ポイントなんです!バリアアリーの...

ちょっとずつミカンの向きを変えて剥いたり
剥く力の強さを変えたりして...etc

なのでそのミカンは1個も食べませんでした。
まぁオーストラリア産のミカンなんて
食べたくないですしね。(^-^;

確かに「片手で剥けるミカン」
と記載されていれば、
片手の使えない人にとっては
「なんて良心的なものなんだ!」
に、なることなんですが、

ちょっと捉え方を変えてみれば、
こんな「バリアの活用法」にも
なるんですよね。

そしてそのバリアを活用して
「○○力up」に繋げられるんです!(^-^)

ちなみにこのケースでは、
「器用さ加減の向上」
「握力の向上」が、より期待出来ます!(^-^)


と言いながらも、

実は僕も日常的にたくさんの
この「片手で○○出来る!」モノに
お世話になっているんですけどね。(苦笑)

片手で靴下を履ける道具
「ソックスエイド」であったり、

片手でペットボトルの蓋を開ける道具
「オープナー」であったり、

片手での料理の必需品
「片手用まな板」であったり...etc

でもこういう便利グッズ的なもの
なくても、
方法はいろいろあるんです。効能も...(^-^)
「器用さ加減のさらなる向上」であったり、
いろいろなものを使うべく
「慣考力の向上」であったりと...

もちろんこういう便利グッズを使って
何かをやっても、
ある程度は○○力は
向上出来るんですけどね。


で、たとえば「爪を切りたい」場合に
片手じゃあ切れないですよね。(^-^;

『あぁ。それがどうしたの?』

はい、下の写真の感じで
ちょっと細い容器などを握ることが出来れば、
使えない腕側の爪(親指)も
自分で切れちゃうんです!(^-^)


僕は時々こんな棒を使うんですよ。(笑)

『あぁこれな... 
こんなんにも使えるんだ。(苦笑)』

もちろんそこら辺にあるモノで
適当な容器とかでもいいんです!(^-^)

こんなような...

それから他の指はと言うと、

このようにして
車いすの肘おきにグーになった手を
もう片方の手で広げて、
指を1本1本引っ掛けておいて
その間にもう片方の手で切ります!(^-^)

あとそのもう片方の手はどうやってか...?

麻痺している腕って、
だいたいの場合
ほんの少しだけ動くんですけど、

僕のやり方は、
車いすに座った状態で太ももの付け根の辺に
よく見るタイプの爪切りを
いつでも切れるように右手をセットして、

麻痺側の手のひらで
なけなしの力を頑張って出して押すというか
太ももと左手で爪切りを
挟み込んで切ります!

すると、
キレイに自分で切れちゃうんです!(^-^)

こういうフツーの爪切りで大丈夫!

その際に出す力、
それがこの前のブログで紹介した
「火事場のクソ力」のような力なんです。

『あ~あれな...』

あれ、この前も言いましたが
けっこうな力なんですよね。

で、その結果、
より○○力向上と共に、さらなる
「出来ることup」が期待出来ます!(^-^)


『なるほどね。
でもミカンの皮剥きの話じゃなかったか...』

まぁ。(^-^;

でもたかが「ミカンの皮剥き」、
されど「ミカンの皮剥き」なんです!(^-^)

まずは、
「もしかしたら、この動作出来るかな」と
いろいろ試してみることが
重要なポイントではないかと思います!(^-^)