つゆだく | takeboの良きかなブログ

takeboの良きかなブログ

その時々の「良きかな」を残していきたいという想いではじめたブログです。
どうぞ、よろしくお願いします!
















湿度の関係だろうか
街が静かに感じる
湿度があっても涼しいので過ごしやすい

犬の散歩をしている人
読書をしながらバスを待つ人
目に入るものが停止しているように見える

スーパーカブが静かな街をガチガチと切り裂きながら走っていった

今年もあっという間に7月になった
やっぱりという感じ
この前冬至だったのに












電車内
車掌さんのアナウンスに英語のサービスが加わった

青年の主張ならぬ車掌さんの主張みたいだ
少しだけ感動しつつ少しだけ緊張する
少しだけ尊敬もしている
いろいろと気になり眠れなくなったりもする












20分ほど遅れてバスが到着
日曜日も午後からプールに行った
以前に比べると気持ちよく泳げるようになった
これも誘ってくれた友人のおかげ

自宅の屋上で野菜を育てている友人は
さらに種類を増やしてきたと言っていた
やり遂げてきました
そんな顔をしていた
楽しそうだ
無性に土を掘り返したい気分になった

プール上がりはいつものセブンティーンアイスを食べながらいつものようにまったく身にならない話しで盛り上がった
ありがたいひと時






















帰り際
東村山スポーツセンターの近くにある
だいじょぶだァ饅頭のお店に寄る

お土産に「だいじょぶだァどら焼き」を買って帰った
喜んで食べてくれた

私は餡子と求肥が入ったパイ饅頭「代々」を購入
私には求肥の食感が弱い
出来れば素甘を包んだパイをつくってほしい

今度素甘とパイの実を一緒に食べてみよう(笑)





















ピアノ発表会まで3週間を切った
自宅のエレクトーンに録音できる機能があることを今更ながら思い出した

自分が弾いた曲を聴いてみる
気持ちワルイくらいにカッコわるい

良かれと思い適度に感情を込めながらおおらかに歌った箇所は今にも止まりそうなオヤジの演奏にしか聴こえなかった(笑)

おまえはアホかと独りごちる(笑)
改めて自分の非力さを知った












狼煙屋へ

またもや書き入れ時にお邪魔した
店内にはいつものビートルズではなく村田英雄が流れていた

今日シブいの流れてますね
と言ったら誰だかご存知ですかと店員さん
聞けば店員さんとほぼ同じ歳だった

湿度の関係だろう
昨晩は汗がつゆだく並に滴り落ちてきた

一瞬店員さんの鼻唄が聞こえた

戸を開け放った店の軒先で列をつくるお客さんの表情が外の明るさと大差ない店内の暗い照明にぼんやり浮かび上がっていた

異世界に迷い込んだような気がしていた
遥か遠くの闇の中にホンモノの世界があるような気がした

汗はつゆだくからだくだくに変わっていた