映画「愛を読むひと」 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~
2009-06-20 19:56:07

映画「愛を読むひと」

テーマ:読書・映画

原題:The Reader
ハンナ役を引き受けていたニコール・キッドマンが妊娠発覚により降板したといういわくつきのこの映画、焦点は年上の女性への憧れか親子の断絶か・・・!?

茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~-reader 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~-reader_ver9
当時15歳のマイケル(デヴィッド・クロス)とハンナ(ケイト・ウィンスレット)が初めて出会うのは1958年のこと、猩紅熱を患った彼を優しくいたわり家まで送ってくれた市電車掌の彼女への思慕は募り再び訪ねる、そして21歳の歳の差も厭わず男女の仲に・・・されど甘美な愛欲に溺れる日々は短く、ひと夏の幸せな思い出として封印されるが、8年後のこと、彼は彼女が背負う真実を知ることとなる。彼女は事務的に仕事をこなしただけとはいえ、ナチによる殺戮に加担した罪は重く懲役を課せられるが、彼が気付いた秘密は彼女が文盲だったということ・・・あの夏の日々、愛の営みよりも朗読を優先させる彼女の思いが痛く思い出される。
ベッドの上で彼の朗読する悲しい物語に涙する彼女、ずる賢さなど無縁で純粋な彼女、法廷での彼女は自虐的かのようでもあり苛立たしささえ覚えるけど、教育を受けられなかった彼女にも、子供のような心のままの彼女にも、拭えない罪の意識が自らを追い込んでいくのだろう、彼(レイフ・ファインズ)が愛を込めて吹き込んだ物語の朗読テープで識字を克服した彼女だけど、面会に行った彼の目に映る彼女は白髪の老女、信じられない光景を目を前にして彼女が差し出した手に思わず彼は手を引っ込めてしまう、哀しい悲劇の結末です。
最後にほっとさせるシーン、苦悩に満ち心の通わなかった娘ユリア(ハンナー・ヘルツシュプルング)に、彼自身の愛の顛末をすべて話して聞かせる、ここが父と娘の打ち解けた明るい未来を予感させる。

愛を読むひと

茸茶(たけちゃ)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス