映画「ヤッターマン」 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~

映画「ヤッターマン」

渋谷の街は"渋山"で忠犬ハチ公の物語は"みなしごハッチ"、エジプトのスフィンクスはオジプトの招き猫・・・面白すぎるよねぇ、もぉ、馬鹿馬鹿しいほどに・・・

茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~-ヤッターマン 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~-ヤッターマン
玩具店のガンちゃん(櫻井翔)がヤッターマン1号で、2号さんの愛ちゃん(福田沙紀)と共に、ドロンジョ(深田恭子)とボヤッキー(生瀬勝久)にトンズラー(ケンドーコバヤシ)一味を相手に今週も渋山の街で大暴れ、そこに現れたのが海江田博士(阿部サダヲ)の娘の翔子(岡本杏理)、助けを求める彼女に応えて、ドクロストーンを探し世界を駆け巡る戦いへと突き進む。世界を股にかけて飛び回る割りに最終決戦はなぜか南ハルプスなのだけどね・・・
泥棒の神様ドクロベエに身体を乗っ取られた海江田博士が一人芝居する格闘シーンなど、もぉそれはそれは面白いネタの満載なのだけど、下ネタやお色気は残念ながら控えめで、どちらかと言えばオトメチックなドロンジョとガンちゃんの初恋物語、そして愛ちゃんとの三角関係のぽうに焦点があてられているような印象を受けるかな・・・意外性の面白さで笑わせてくれるのは岡本杏理ですねぇ、こんなに可愛い子があ~んな事してるなんて拍手喝采ものです。深田恭子も凄く頑張って挑戦してるんだけど、彼女が出演してる作品も色々見せてもらってるだけに、ちょっとハジけかたに物足りなさを感じてしまう、毎週1回というわけにはいかないけど毎年1回位のシリーズにして、まぁマンネリでもいいかもしれないけど、できれば進化するところを見たいものです。

ヤッターマン