映画「ボーン・アルティメイタム」 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~

映画「ボーン・アルティメイタム」

原題:The Bourne Ultimatum
まるで海兵隊の狙撃兵のように・・!?・・完結編といわれているけど、このまま終わってしまうとはもったいない、是非とも物語の続きを書き上げて欲しい・・
bourne-ultimatum-the bourne_ultimatum_ver4
なぜなら、非情な殺戮マシーン、そして思い悩むボーンの真実が、その背景が、あまりに人間的で普通過ぎるから、・・その後考え直してゴルゴ13になり切るとか、考えもつかないような複雑な事情があって志願したとか、・・そう、始まりはニッキー・パーソンズ(ジュリア・スタイルズ)とリゾート地でトロピカルなムードに浸っているところから・・ということでいいかな・・
それはともかく、今回のジェイソン・ボーン(マット・デイモン)、やや物語の盛り上がりに欠ける印象を受けたが、独特のアクションシーンがやはり見所だ。どこか陰のある憂いを秘めた彼なのに想像できないようなアクションの数々、バイクでのトライアルとか、パトカーでの激走とか、窓から窓へと飛び込んだりとか、極めて強烈なアクションと彼の人格みたいなものとのアンバランスさが魅力なんだよねぇ、世界を股に駆けたシリーズ続けて欲しいですね・・。(CINEMA TWO)  ボーン・アルティメイタム