映画「シッコ」 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~
2007-09-08 11:33:19

映画「シッコ」

テーマ:読書・映画

原題:SiCKO
またしても富める国アメリカの暗部にして歪んだ実態をみる思いがする、日本がこの国に追随しているのだとしたら国民として怒りをもって異を唱えるべきか・・
sicko sicko_ver2
現在の日本では、健康保険の自己負担割合が3割、つまり前回歯医者に通っていた時には1回1,500円位で済んでいたものが、毎週毎週4,500円位掛かっちゃうんだから、しかもそれが何ヶ月も続くんだから、その時ショックと苛立たしさを覚えた、そもそも社会の根本に心の貧しさがあるのではないか、今のアメリカも日本もイタズラにストレスが溜まり、よからぬ事ばかりが横行する社会になっているのではないか・・いかにも嘆かわしい。
映画はアメリカの悲惨な医療制度の実態を伝え、カナダ、イギリス、フランス、キューバと国民皆保険の無料医療制度を持つ国にマイケル・ムーアが突撃取材を敢行する。社会保障の充実している国に較べて、アメリカの酷さはあまりに惨たんたるものがある。営利至上主義の民間保険会社が牛耳る医療は、治療費の払えなくなった老人を道端に、姥捨て山みたいに捨てに行くなんて、こんな現実があるなんて・・そんな信じられないようなショッキングな事実が次々と映し出される。
アメリカ人にカナダ人との結婚を勧め、政府には洗濯物を頼みに行くという、いかにも情けない皮肉で終わっている・・我々底辺に生きる国民は心の貧しさを嘆くしかないなんて・・・「I am sick of it!」・・でも後半は泣かされた・・。

シッコ SiCKO