映画「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~

映画「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」

親ってそうなんだよね・・なんの楽しみがあったのだろう、なんのために生きてきたのだろう、人生って一体なんだったのだろう、ただ子供のために生きて死ぬ・・
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
ボク(オダギリジョー)が幼い頃、遊び人のオトン(小林薫)に見切りをつけた若き日のオカン(樹木希林の実娘内田也哉子)は、小倉から筑豊の実家に戻り女手ひとつでボクを育ててくれた。大分の美術学校、東京は武蔵野の美大へと進むが、いずれも決して優等生ではなく堕落しきった生活に浸り、それでもなんとか卒業だけは果たす。そんなボクのことも、オカン(樹木希林)にとっては自慢の可愛い息子、仕送りに働きづめで、その肉体は悲しくも蝕まれていく・・。
物語は、ボクがオカンを東京に呼んで一緒に暮らし始めるころから核心に触れ琴線に触れてくる・・恋人ミズエ(松たか子)の戸惑い、オトンの朴訥だけどオカンに苦労させたという思い、・・オカンの抗癌剤による断末魔の苦しみ、ボクのどうにもならないやるせない思い、決して出しゃばらず静かに受け入れる姿に、哀しいけれど共感を覚える。・・人生ってなんだったのだろうって思ってしまう、けど、でも、オカンは最後に息子と幸せな日々を過ごし安息を得たことが、せめてもの救いだったのだろう・・、と思わせてくれる、いい映画です。(CINEMA TWO)

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン