映画『シムソンズ』 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~

映画『シムソンズ』

カーリングといえば2006年トリノが記憶に新しい、スキップの小野寺歩にマリリンこと本橋麻里らの活躍で、メダルには届かずとも彼女達に日本中が沸いた・・
シムソンズ sim sons
トリノに出場した"チーム青森"の小野寺歩と林弓枝は、2002年のソルトレークシティオリンピックに出場した北海道常呂町(現在の新北見市)の"シムソンズ"でも加藤章子、堀美香とともにメンバーだった。この物語は、その"シムソンズ"の結成からチームの成長が、ほぼ事実にもとずいて綴られる。
北海道常呂町の名物は、玉葱とホタテそしてカーリング、そんな町の高校に通う伊藤和子(加藤ローサ)は、将来の夢もなく10年後の自分が想像出来ないことに焦燥感を募らせる高校生活を送っていたが、常呂町から1998年の長野冬季オリンピック出場の加藤真人(田中圭)に憧れ、接近したいという不純な動機からカーリングチーム結成へと動く・・親友の林田史江(星井七瀬)、牧場で牛の世話をしている小野菜摘(高橋真唯)、そして唯一の経験者である尾中美希(藤井美菜)を加えてメンバーが揃い、コーチ大宮平太(大泉洋)も決まり、チームは結成したものの4人のうち3人が素人では小学生にも負けてしまう。さらにチームもなかなかまとまらずくじけそうにもなるがドラマチックに5円玉が彼女達を救うことになる。
現実のオリンピック競技では、テレビに映るクールに真剣な表情の小野寺歩たちの表情が印象に強く、スポコン的なものを想像してしまうが、映画ではドタバタでダメダメなコメディ面が結構強調されていて、それはそれで面白いのだが、氷上のチェスともいわれるカーリングの魅力みたいなものをもっと見せて欲しい気はする。もしかしたらブームに乗っかっての急ごしらえ(?)なんて勘ぐってしまいそうになる・・。現在のチーム青森はメンバーの入れ替えもあって一進一退の印象だが、次のオリンピックでのメダル獲得を目指して頑張って欲しいですね・・。
(3/29wowow)  シムソンズ