2007-03-08 01:26:01

映画「パフューム ある人殺しの物語」

テーマ:読書・映画

原題:Perfume -The story of a murderer-  ※いわゆるひとつのネタバレ
赤毛の女性は芳醇にして妖艶、天国へといざなう至高の香りを放つ・・?「ラン・ローラ・ラン」は好きな映画だが、これは感動も共感も教訓も得られなかった
perfume perfume_ver2
冒頭いきなり衝撃的なシーンがある。ひときわ悪臭が充満する18世紀のパリ魚市場で1人の女性が突然赤ん坊を産み落とし、そのまま放置するなんて考えられないことだが、おまけに周囲には腐った魚にうじ虫がうごめいてるんだから、とっても気分が悪くなる。それでも幸運なことに赤ん坊は命をつなぎ止めジャン=バティスト・グルヌイユ(ベン・ウィショー)へと成長した後、これまた幸運にもバルディーニ(ダスティン・ホフマン)の香水店での仕事を得て究極の香水作りに猛進する。
衝撃シーンはまだまだある、最初に誤って殺した女性の服を剥ぎ取り全身を舐めまわすようにして香りを嗅ぐ、えもいわれぬ幸福感、ここで得た興奮が彼を狂気の世界へと駆り立てることになる。それはそれを、香水にしていつでも至福の時に浸りたいということ、そして若い女性の連続殺人が始まる。あまりにのめりこんだ彼は13番目の秘密の調合に成功したことで気が抜けてしまったのか骨までしゃぶり尽くされて上着だけ残して消え去ってしまう。
笑えるところは不思議なことに彼が立ち去る時、屍が累々と積まれていくこと、最初が母親、次がなめし皮のおやじ、そして香水店主・・もうひとつ不思議なのは赤毛の女性、最後の犠牲者ローラ(レイチェル・ハード=ウッド)も赤毛で、・・お付き合いしたことがないので分からないが特別な体臭を持っているのだろうか・・?・・つい先日のニュースにも配信されていた狂喜乱舞全裸でチョメチョメ750人、よくもまぁここまでやるか!という感じなのだが、納得しがたい物語でもあるのだが、確かに衝撃的ではある・・。  パフューム ある人殺しの物語

いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

茸茶(たけちゃ)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

11 ■こんにちは!

グルヌイユが去っていくと屍になってしまうのって、はじめは驚いたけどだんだん笑えてしまいました。 あまり好きにはなれない映画ですが、優れた映画だと思いました。

10 ■わりと好きな映画です

いつもTBありがとうございます。
たけちゃさんはどう見たかと思いましたがやはりダメでしたか。
多分それが普通でしょうね(^_^;)
私は幻想的な作品として、結構楽しめましたが
かなり少数派なんでしょう。

9 ■TBありがとうございます

あの750人のシーンは実はちょっと引きましたが、冒頭の誕生シーンからずっとジャン=バティストの「悲話」として観てしまい、そういう観点からは心に残りました、私は。
時々お邪魔しております、また参ります。

8 ■TBありがとです♪

小説と同じく奇妙な気持ちになる映画でしたね。
意外と忠実に描かれていたのですが 最後はやっぱり・・^^;
コチラからもTBお願いします。

7 ■こんにちわ~

たけちゃさん、TB、ありがとうございました(^^♪
こんな嗅覚のすぐれた人が本当にいたら
キモいなぁ~
いつもにおいを嗅いでからものを食べるうちの
猫のヴィーちゃんはかわいいのですが(≧∇≦)b

6 ■無題

茸茶さん、こんばんは♪
不思議な雰囲気の作品でしたね。
においを映像で表現されるのは新鮮な感じがしました。

赤毛の女性は素敵な香りがするんでしょうかね(笑)

5 ■無題

茸茶様。初めまして(^-^)
TB有難うございました。かなりの映画通ですね!色んなジャンルの映画をたくさん観てるんですね。
また、お邪魔させて頂きます(^O^)

4 ■無題

こんばんは、TBありがとうございました。
パリ在住の赤毛の女性は、何か特別な体臭があるのでしょうかね~?
グルヌイユの最初の殺人も赤毛、ラストも赤毛。
謎だ…
では、また~

3 ■なんか違和感・・

茸茶さんこんばんわ♪TB有難うございました♪

グルヌイユに関わった人物が、皆非業の死を遂げていましたが、ダスティン・ホフマンの場合はなんか違和感がありましたね。
建物の老朽化だと思いますが、なんで彼の住んでる場所だけすぽーんと綺麗に崩れたんでしょうかね~?隣家に被害が全く無いのも不思議ですね。彼が寝てるのが分からなくて、業者さんが勝手に発破工事したんでしょうか?(汗

2 ■http://kurakent85.cocolog-nifty.com/blog/

たけちゃさん、こんばんはTBお邪魔します
なんだか異様な感じのする映画でしたね。スクリーンからも、悪臭や快楽の臭いが漂っているかのようです。凄い映画ですが、カタルシスは得られないでしょうね。グルヌイユの末期は、生まれた地で土に還ったと解釈しています。もともと彼は生まれ得ぬ人だったわけですから・・神の世界?に戻ったのでしょうか。

1 ■TBありがとうございます。

こんにちは。
茸茶さん、グルヌイユを利用して屍になった人の中で孤児院の院長のオバサンが抜けていますよ。
それにしても、あのグルヌイユが去ると屍のパターンは面白いですね。
またお邪魔します。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。