2006-10-18 00:50:36

映画『メゾン・ド・ヒミコ』

テーマ:読書・映画

オダギリジョーと柴咲コウが共演、ベッドでなが~いキスのあと、胸に持っていった彼の手が止まって沈黙、「触りたいとこ、ないんでしょ」と彼女の言葉・・
メゾン・ド・ヒミコ Official Photo Book

ゲイバー"卑弥呼"をたたんで、ゲイのための老人ホームを経営する照雄(田中泯)はガンのため死期が近い。彼の恋人でホームを運営している春彦(オダギリジョー)は、照雄の娘の沙織(柴咲コウ)を訪ね、過去のこだわりを超えて日曜日だけホームでアルバイトするよう話を持ちかける。・・父と娘は再会を果たすが、果たして過去は清算できたのだろうか、よくは分からない。娘は、母と自分を捨てたゲイの父にうらみつらみをぶつけ、父は「でも、あなたが好きよ」と娘に告げるが・・、なぜ春彦と沙織が最終的にくっついてしまうのか、よくは分からない。キスシーンが長いのは印象に残るのだが、ゲイたちもそれなりに笑わせてはくれるのだが、・・春彦は恋人の死で、娘に鞍替えするのはいいとして、・・柴咲コウがコスプレシーンで、きちんとホントのバニーしなかったのが、この映画のもっとも残念な点だ・・。(10/15wowow)  メゾン・ド・ヒミコ

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

茸茶(たけちゃ)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

7 ■TBありがとうございました

 確かに、あそこはバニーになるべきでしたね! 事務所が止めたのでしょうか?(笑)

 ぼんやりと映画内ではなく、その先に答えがあるような、と感じさせる作品でした。

6 ■わたしも・・・

こんばんは!
私もバニーちゃんに期待したらあんなブカブカのコスプレでがっかりでした 笑

ところで茸茶さんはベイスターズのファンですよね?
そっちもがっかりじゃないですか?( ´△`)

5 ■TBありがとうございました

そういえば中途半端なバニーちゃんでしたよね(笑)しっかりバニーちゃんになって、ディスコに出かけてほしかったなあ~。

4 ■卑弥呼

こちらもTBありがとうございました。
卑弥呼さんの佇まいがなんともよくて・・・。
もちろんオダジョーの色っぽさも。
不思議な世界を持った映画ですね。

3 ■TBありがとうございました。

新しい世界観を感じさせてくれる映画でした。
柴咲コウの土臭い演技なかなかでした。もうすぐ公開の『どろろ』が楽しみです。

2 ■TBありがとうございました☆

こんにちわ☆ 再TB頂いてありがとうございます!
同性愛のお話って、差別的な事が惨く酷く描かれる事が多いですが
このお話は、何となく温かな視線で描かれているなぁ~
と、思いました。

1 ■こんにちわ

触ってやれよ
むしろ触らされくれ!
と思いました。
ラストが良かったんで、映画も好きな映画です。
この脚本家はスゴイと思います、ジョゼといい。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。