映画「ミュンヘン」 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~

映画「ミュンヘン」

原題:MUNICH
1972年9月5日、ミュンヘンオリンピックでのパレスチナゲリラ"ブラック・セプテンバー"による人質事件、そして報復の暗殺の物語が綴られる・・。
munich_poster(2005) Eric Bana and Geoffrey Rush

この映画、事件の関係者のコメントに基づいて創られたという。パレスチナゲリラの獄中のメンバーとの交換を企てた一味がイスラエル選手団の11名を拉致、立て籠もるが交渉の末、人質と共に脱出を図る。空港で西ドイツ当局により狙撃されたことから犯人一味は生き残っていた9名のイスラエル選手団を全員、爆死あるいは射殺した。物語はここから始まる。当事国イスラエルはパレスチナゲリラの指導部11名の暗殺を決定、リーダーに、それまで人を殺したこともないボディーガードのアヴナー(エリック・バナ)を指名する。アヴナーは国から選ばれた他の仲間4人と共に暗殺の旅に出る。身重の妻を残して・・。
ヨーロッパ暗殺行脚の途中、パレスチナ青年達と同宿するシーンがあるが、国を持つイスラエル人と国を持たないパレスチナ人の対比が興味深く描かれていた。日本に住む我々には実感を得にくいが対立の構図の根深さを垣間見る思いだ。この映画での焦点は、国対家族と個人、そして暗殺を引き受けざるを得なかったアヴナーの苦悩にあるのだろう。職務として暗殺を粛々と遂行するが、後釜が、さらに過激な後釜が次から次にと現れる。また仲間も次々と殺されていく。やっていることに何の意味があるのか。イスラエルにとっては国のメンツに関わる11名の暗殺だが、駒となる個人は真実を知るに連れやるせない思いが募る。
全編とおして衝撃作品なのだが、いくつかの爆破シーン、来るぞ来るぞというところもあるが、2カ所ほどは心臓の悪い人は観ないほうがいいと思うほどの衝撃の爆裂シーンがある。難点をいうなら、ミュンヘンでの事件の様子が、まるでアヴナーがその場にいたかのようにフラッシュバックすることか・・それは違うだろうと突っ込みを入れたくなった・・。ラストシーンはブルックリン・・彼の・・そして愛する家族の運命は・・・。   ミュンヘン

【追記】2006-2-10深夜

こちとら自腹じゃ!観ましたか?井筒監督怒りまくりでしたね、この映画、確かにメッセージ性の薄さは感じてたけど、そこまで言うかぁ~ってカンジです。きっとスピルバーグ監督だって双方にそれなりに気を使ったんだろうし、ラストシーンの背景に映る"世界貿易センター"とかも含めて映画の行間にメッセージが塗り込められているようにも感じてましたからねぇ!!