K-1 WORLD GP 2005 in TOKYO ~決勝戦~ | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~
2005-11-20 02:33:42

K-1 WORLD GP 2005 in TOKYO ~決勝戦~

テーマ:格闘技

今回は壮絶な試合が多かった。それにしてもセーム・シュルトの強さはズバ抜けている。まるで大人と子供の試合のように、彼は殆どノーダメージであれよあれよとチャンピオンの座を手に入れてしまった。強力な優勝候補とは思っていたが、ここまで凄いとは驚きだ。武蔵を膝蹴りで葬ったグラウベ・フェイトーザを、これまた膝蹴りの一発でKOですからね。
05-11-19_21-11~01 05-11-19_22-53

チェ・ホンマンは意外とスタミナがあるようで、レミー・ボンヤスキーをいいところまで追い込んでいたから今後も要注意かな。あと、その戦いぶりに期待していたルスラン・カラエフは惜しくも判定で破れたが今後も期待できそう。冷静なファイトで目を引いたのはやはりピーター・アーツだったけど、ジェロム・レ・バンナに肋骨を3本も折られてしまい、もう引退が近いかもしれない。・・まだ試合にはならないだろうけどいずれセーム・シュルトとチェ・ホンマンの対決を観てみたい・・・。

茸茶(たけちゃ)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス