映画『80デイズ』 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~

映画『80デイズ』

原題:Around the World in 80 Days
「80デイズ」 80デイズ

舞台は19世紀末英国ロンドン。ラウ・シン(ジャッキー・チェン)、フィリアス・フォッグ(スティーヴ・クーガン)、モニク(セシル・ドゥ・フランス)の3人が、あの有名な「80日間世界一周」をリメイクする旅に出る。世界一周が断片的映像になるのは物語の性格上やむを得ないが、ジャッキー・チェンは好きなんだけど・・・、ここでも、またいつものアクション映画になってしまっているのはいただけない。アーノルド・シュワルツェネッガー(ロダンの考える人)の銅像が粉々になってしまった時には笑ってしまったけどね・・・。(9/18wowow)   http://www.herald.co.jp/official/around_the_world/