イメージ 1

7月13日、北杜市の「金精軒 台ヶ原本店」さんへ行きました。
甲州街道の宿場町「台ヶ原宿」の一角にあります。


イメージ 2

6月~9月の土日限定で販売される「水信玄餅」が目当てです。
お店に着いて、まず整理券をもらいます。


イメージ 3

指定された時間に行き、順番にお店の横から中庭に進みます。
そのまま番号順に並んで、「水信玄餅」を購入します。


イメージ 4

「水信玄餅」は、なんと賞味期限が30分という、
そこでしか食べられない超レアな“幻のスイーツ”です。


イメージ 5

数を確認すると、白いおちょこのような型に入った「水信玄餅」を
ひっくり返して舟形の上に乗せます。


イメージ 6

こちらが「水信玄餅」(冷茶つき)です。
(購入した「水信玄餅」を撮影できる「台」があります。)

きな粉と黒蜜が添えられていますが、
いわゆる「信玄餅」とは全くの別モノです。


イメージ 7

口に入れると、最初は弾力があるのですが、
すぐに水のように溶けていく、不思議な食感です。

すっきりとした餅と、きな粉や黒蜜の甘味とコクが絶妙に合い、
食感の不思議さだけでなく、とても美味しいスイーツでした。