1 | 2 | 3 | 4 | 5 |oldest Next >>

フィラデルフィア

2009年11月07日(土) 16時04分16秒 Theme: 野球

ニューヨークヤンキース対フィラデルフィアフィリーズのワールドシリーズは、

ヤンキースの勝利で幕を閉じた。

そして、松井秀喜がMVP。

松井の活躍凄かったな・・・



さて、メジャー屈指の名門チームで、かつ日本人選手が在籍していることもあり、

日本ではヤンキースが有名だが、

僕は、姉が結婚してフィラデルフィアに住んでいることもあって、

もうひとつのワールドシリーズ出場チームであるフィリーズを応援している。


ユニフォームがカッコイイというのも、ユニフェチとしては熱い。

フィリーズのユニフォームデザインのTシャツや、グラウンドコートも持っている。




好きが高じて、フィラデルフィアのスタジアムにワールドシリーズ観戦に行ってきた!


その時の写真だ。





script_magicalmaker,http://www.magicalmaker.com/js/ameblo.js.php?upwh=42034-1257578716-340-254













うそぴょん。









フィラデルフィアのスタジアムに行ったのは姉で、

姉がたまたま見つけた僕のそっくりさんを、写真に収めて送ってきた。


我ながらよく似ている・・・

しかも、俺このジャンバーと似たようなの持ってるし。笑



どうでしょう?

似てない??





北京五輪の時も、こんなのありました。


~あわせて読みたい~

「俺北京」

http://ameblo.jp/take-18-h/entry-10133652466.html




AD
いいね!した人  |  Comments(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

4強激突

2009年07月27日(月) 18時33分32秒 Theme: 野球

高校野球県大会準決勝戦。


土曜の予定が、週末の大雨で今日まで順延になった。

たまたま当直のない土日、準決・決勝とも球場で応援するつもりやったのに・・・・


さすがに平日は球場に行くわけにはいかず、

今日は(かなり長めの)昼休みに医局でネット中継に見入っていた。

パソコンの前で思わずガッツポーズしたり、一喜一憂。

まるで自分のことのように・・・




今日もシーソーゲームで、延長戦の末最後に力尽き、サヨナラで敗れた。




我が母校初の甲子園出場は夢に終わった。




彼らの快進撃によって、全国または世界にいるOB達が共に喜び、

勇気づけられ、夢を描いた。


後輩たちには本当にありがとうと言いたい。

誇りに思います。




AD
いいね!した人  |  Comments(0)  |  リブログ(0)

4強

2009年07月22日(水) 22時54分00秒 Theme: 野球

母校が、高校野球県大会ベスト4進出。


昨日当直だったので、指導医の先生(ドクターNACK)にお願いして、
当直明け半日業務免除の権利を行使して、
(いつもは午前中仮眠する程度だけど)
当直-午前中働き-そのまま球場へ、という流れで今日も応援してきた。


まさにシーソーゲーム。
9回裏サヨナラで勝利した。

いやーシビレタ!


よくやった後輩たち!


script_magicalmaker,http://www.magicalmaker.com/js/ameblo.js.php?upwh=42034-1248322069-340-255



AD
いいね!した人  |  Comments(6)  |  リブログ(0)

オレオレ

2009年07月11日(土) 23時55分46秒 Theme: 野球

福岡ドームに行ってキタ。



今シーズン二戦目。

こないだは快勝だったが・・・




負けタ・・・・ダウン


ピッチャーも打線も、今日はダメダメ・・・・



いかんいかん!


もーいかん!




ピッチャー交代、オレ!


代打、オレ!





よっしゃ体作っとくわ!



いいね!した人  |  Comments(0)  |  リブログ(0)

工藤公康、46歳

2009年05月08日(金) 17時42分58秒 Theme: 野球

工藤公康。

ライオンズ、ホークス、ジャイアンツと渡り歩き、

所属した全ての球団で先発投手の柱として日本一を経験している。

優勝請負人との異名をもった。


常勝軍団であったライオンズからホークスに移籍し、

弱小だったホークス秋山や石毛らと共にを常勝軍団に育てあげた功績は大きい。



現在はベイスターズに所属。

昨年は故障もあり未勝利に終わり、今年も調子が上がらず、

二軍で調整を続けていた。



5月5日のベイスターズ対ジャイアンツ戦。

この日は工藤の誕生日でもある。

46歳、現役最年長。


ベイスターズが 6-4 で勝利したこの試合、工藤は2点リードの7回に中継ぎ登板し、

3者凡退に抑え、そのままベイスターズが勝利。

工藤にはホールド(HOLD)という記録がついた。



ホールドというのは、

地味ではあるが中継ぎ投手の勝利への貢献度を示すひとつの記録である。


詳細は こちら(Wikipedia) 参照。(俺も詳しいことようわからん・・・)



これまで先発投手として鳴らしてきた工藤にとっては、

28年目、46歳にして初めてのホールドだったらしい。



















翌5月6日の日刊スポーツ(うちの病院の医局においてある)



script_magicalmaker,http://www.magicalmaker.com/js/ameblo.js.php?upwh=42034-1241773352-179-239




ちょっ・・・・プププッ


前にもあったなこういうの。

絶対遊んでるよなこれ。笑



工藤さん、ナイス






~あわせてよみたい~

『見出し』

http://ameblo.jp/take-18-h/entry-10135496530.html



いいね!した人  |  Comments(0)  |  リブログ(0)

清原和博・怪物伝説

2009年04月08日(水) 17時48分20秒 Theme: 野球

3月にアマゾンで買っていた清原和博のDVD。

途中までしか見ていなかったので、こっちに持ってきていた。


僕は90年代前半の西武ライオンズの黄金期はライオンズファンだったし、

もちろん清原も大好きだった。


巨人に入団してからは、先行するメディアに悪役のイメージを作られたりして、

アンチ巨人の僕としてもちょっとイメージダウンしてたこともあったけど、

やはりその存在感、オーラ、生き様は人を惹きつける何かを持っている。




清原和博・怪物伝説(通常版) [DVD]




昔の映像が見られるという点では魅力的だが、逆に魅力はそこだけ。

フジテレビ系の番組でその年その年に組まれた特集映像を寄せ集めてるだけ。

ひとつの作品としては、全く、全く!まとまりがない。

構成・規格はてんでバラバラ。


一年ごとに振りかえるっていう形で進んでいくんだけど、

それぞれの映像で時には元プロ野球選手のリポーターが登場したり、

ある時にはアナウンサーが登場、

またある時にはお笑い芸人がリポーターやってたり、

見ていてうんざりしてため息が出てくる。


年によってはシーズン前のキャンプの時期の映像だけで、

シーズン中の活躍は全くってほど触れてないのもあるし。


『怪物伝説』 と銘打って発表するには、制作努力してなさすぎ。

こんなんだったら、YouTube で検索したら拾えそうなぐらい。



disc2 の方は、オールスター・日本シリーズも含む全ホームランの映像集。

こっちは充分価値ある一枚だと思うが・・・




清原和博という男の引退記念版だけに、

こんなしょぼい作品にしてほしくなかった・・・

非常に残念だ。





いいね!した人  |  Comments(0)  |  リブログ(0)

OB戦・OB会後記

2008年10月22日(水) 22時42分24秒 Theme: 野球

あら?もう水曜?




前回の記事に書いたOB戦参戦の野望は、

土曜日勤終了まで1時間を切ってから搬送された脳梗塞患者の対応に時間がかかってしまい、

もろくも打ち砕かれました。


仕事切り上げて帰れたのが14時半。



最後まで諦めずに車ぶっ飛ばして1時間半でグラウンドに着いた時には、

既に試合終わって後輩達がグラウンドにトンボかけてた・・・笑


どうにかユニフォーム来て写真撮影だけ後輩の皆に付き合ってもらいました。



夜はOB会。

こないだ買ったデジタルビデオカメラをフル活用!


あー金だけ持って学生に戻りたい(笑)



後輩宅に泊めてもらい、

翌日曜はあっちにいる同級生たちと飯食って帰って来ました。




楽しかった週末はあっという間に過ぎ、月曜は当直。

あっという間に今週も半分過ぎ、また明日も当直ですわ。



木曜日勤→当直→金曜日勤(余程忙しくなければ午前中仮眠)を終えたらもう土曜。

救急部ローテもあっという間に過ぎていってますわ。



オヤシュドキドキ



いいね!した人  |  Comments(0)  |  リブログ(0)

OB戦

2008年10月17日(金) 21時26分46秒 Theme: 野球

明日は大学野球部のOB戦・OB会。



夜のOB会には確実に行けると思うが、

仕事がうまいこと昼までに終われれば、

ソッコー帰って車ぶっ飛ばして、OB戦にも参戦する予定。




うまく土曜日勤を切り抜けられるよう、皆さん祈っといてください。




あの輝かしい時代を、取り戻しに行こう。






(2007年5月頃撮影)

いいね!した人  |  Comments(4)  |  リブログ(0)

ある美学への疑問符

2008年08月17日(日) 13時29分02秒 Theme: 野球

どーも。土曜当直明けのハゲです。


うとうとしながら、甲子園見てます。

もう準決勝なんですねー。

今年は、ハンカチ王子とマー君みたいなヒーローっているの?

全然知らん・・・

働き出すと甲子園もオリンピックもなかなかゆっくり見れないもんっすね。




さて、甲子園を見ながら久しぶりに野球の話題を。

前々から思ってたことなんですけどね。



高校球児ってよくヘッドスライディングするじゃないですか。

最後のバッターが一塁でアウトになる時なんか、かなり高い確率で。


泥にまみれてでもセーフになりたいっ!て感じなんですかね。

高校野球ならではの、一生懸命さの表れ、みたいな。


高校野球ほどじゃないけど、プロ野球でも時々やって、

“気迫のヘッドスライディング” なんて実況が形容したりするけど。



でも、実はあれって、普通に走って駆け抜けた方が塁への到達は速いんですよ。


野球やってる人は、意外と結構知ってるんじゃいかな。




僕はね、本当にセーフになりたいなら、ヘッドスライディングなんてしません。

あるいは、1塁以外のベースで、スライディングが必要な場合は、

足から滑りますね。



だって、ヘッドスライディングって、はっきり言ってメリットないもん。



1塁なら、駆け抜けた方が速い。


それ以外の塁でスライディングが必要なら、

例えば、エラーかなんかがあって次の塁をすぐ盗みたい時、

足から滑ってた方が次の動きへのスタートは絶対速い。


足からのスライディングとヘッドスライディングの比較はについては

正確なデータは知らんけど、走ってる姿勢からわざわざ体を倒すより、

もともとの姿勢に近い形で、すなわち足から滑る方が、

普通に考えたら自然でスムーズでしょう。


それに何より、危険。

生身の手と顔が先に向っていくんだから。


例えば、一塁にヘッドスライディングした、内野からの送球が高くそれた、

一塁手ジャンプして送球をキャッチ、

着地するスパイクの下に生身の手・・・・


あるいは他の塁だとして、送球を捕ろうとして動いた野手の膝と、

頭から滑りこんだ走者の顔が、BANG・・・・・!

ましてや相手が捕手だったら、プラスチック製のレガースつけてまんがな。

どないすんねん。

なんで関西弁やねん。



まぁ極端な話だとしてもね。

でも、このリスクは、足からのスライディングと比べたらかなり高いと思うよ。


危険な上、メリットなし。


こんなのは、気迫でも何でもないよ。

まったくもっておかしな美学。




まぁね、明らかにアウトって時、あるいは明らかにセーフって時に、

ムードを盛り上げるっていうパフォーマンス的な意味は、

百歩譲ってありだとしても。


でも、少しはそういう意味があったとしてもね、

クロスプレーで致命的な怪我負ったらどーすんの?


「怪我を恐れない気迫溢れるプレー」 として称えられる?

そんな馬鹿な。

怪我して自分がプレーできひんかったら、元も子もありませんがな。



本当にセーフになりたいなら、あわよくば次の塁を狙いたいなら、

こんなおかしな美学に惑わされずに、

自分がするプレーについて冷静に判断すべきだ。


Always, be cool!




僕が、少年野球とか高校野球の指導者だとしたら、

ヘッドスライディングはしない方がいい、

っていうかむしろ、しちゃ駄目って指導しますね。

ヘッドスライディング禁止。


だって、怪我したら一番悔しい思いするのは選手本人だもん。

そのリスクに見合うメリットはないんだし。

意味なしおちゃん。





ちなみに、誤解のないように言っておくと、

野手が打球を追って頭から飛び込んでキャッチしようとする場合と、

塁に出ていて牽制球で頭から帰塁する場合は、別です。

まぁ細かい説明は要らんでしょう。(めんどくさくなった)





野球経験者の皆さん、野球好きの皆さんは、

このあたりどうお考えでしょうか。




いいね!した人  |  Comments(10)  |  リブログ(0)

無心

2008年01月24日(木) 13時56分55秒 Theme: 野球

昨日はどうも精神がささくれていたので、勉強を早めに切り上げ、

近くのバッティングセンターに行ってきた。



引退以来、まともにバット握ったのは12月の紅白戦だけだ。

家での素振りも、全くしてない。

その割りに結構振れてた。(ホームランの的にはヒットしなかったけどね)



野球に対しては、純粋になれる。


バットをやや寝かせ、右肩の上にグリップを持って来る。あまり力は入れない。

両足の踵を交互に上げ下げしながらタイミングを取る。

ピッチャーの重心が下がると同時に、その右踵を下げる。

ここがポイント。プロ入り時の高橋由伸のイメージだ。シンクロ打法。

そこからグリップの位置が軽く下がり、テイクバックに入る。

十分にテイクバックが取れたら、つまり弓矢の矢を一番引いた状態だ。

そこから、矢を一気に放つ。すなわち体の回転と共に(正確にはやや遅れて)バットを出す。

ヘッドが下がらないように、右の押し手が重要だ。バチッ!とねじ込むんだ。


言葉にするとこれだけだが、もっと色んなことを、頭ではなく体が、

自然に、無意識に考えながら、ボールに集中している。


この数秒間は、まさに無心だ。




受験勉強に対しても、これだけ無心で集中できればいいのに。

自分の閾値が低くなっているせいか、ごく些細なことがたまたま重なったせいか、

どうも精神状態がよくない。




そんな甘ったれたことを言ってられない今日は、本番まであと23日。



いいね!した人  |  Comments(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |oldest Next >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。