2回目の ものづくり体験授業「西有家中学校」 | 酒井タタミ店二代目 長崎県 島原市 南島原市 雲仙市 島原半島 違いがわかる畳屋さんの畳職人日記

酒井タタミ店二代目 長崎県 島原市 南島原市 雲仙市 島原半島 違いがわかる畳屋さんの畳職人日記

長崎県 島原市 南島原市 雲仙市 島原半島の「違いがわかる畳屋さん」酒井タタミ店二代目のお仕事や畳の情報、い草で作る「ほたるかご」などについて書いてます。

今日は ものづくりマイスターのお仕事で畳組合青年部7名、西有家中学校でものづくり体験授業をおこなってきました。











実は去年、初めてのものづくり体験授業をおこなったのが西有家中学校で、今年も依頼を受けました。





今回も3業種のものづくり体験授業。





畳製作は表替えの実演とミニ畳製作体験。





あとは製麺と左官のマイスターの方々による体験授業でした。













畳の実演では今年も子供達に体験してもらいました。

















みんな、なかなか上手く針が上がらないながらも、楽しんで体験していました。





今回も色々な畳を展示したのですが…















やっぱり子供達は畳に集まって、畳に触れながら色んな質問も。





こういうふれあいで一気に子供達との距離も縮まります。





ミニ畳製作体験も、みんな上手に作れました〜。













ものづくりの楽しさを少しでも気付けてもらえたかな〜。





来月は長崎市内の中学校にうかがいます。