初めて国連「世界津波の日」となった平成28年(2016)11月5日 | 菊地たかよし(仙台市議会議員)のブログ

菊地たかよし(仙台市議会議員)のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

 国連によって初めて「世界津波の日」と制定された本日11月5日、仙台市でも、津波情報伝達システム、緊急速報メール、ラジオ、広報車での避難警報発令にあわせた避難訓練が行

われました。

 

 

(日本では平成23年6月の「津波対策の推進に関する法律」によって、毎年11月5日を「津波防災の日」と制定していました。)

東日本大震災の後、高速道路に設けられた避難階段を上ります。(以前は会談がありません

でしたが、東日本大震災では、柵を乗り越え登って助かった方が多数います。 )

 

実際津波に冠水したこの町内では、避難した家で白旗を掲げ、確認と呼びかけの省力化を図ります。

消防署員による基礎訓練のほか、将来の担い手となる地元の中学生による防災に関する発表・説明も行われています。

 

11月5日は、和歌山県広川町の濱口梧陵氏が高台の稲わらに火を放ち、村人を避難させた逸話『稲むらの火』のもととなった、1854年の安政南海地震の日です。

 

 過去の教訓に学び、習うことの大切さを世界で共有したのです。3.11の経験を有する我が国・自治体・市民は、なおそのことを忘れず、世界と後世に伝え発信する役目があるのではないでしょうか。

菊地崇良(たかよし)/仙台市議会議員さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス