ツインレイは試練を乗り越えて共に成長をして行きますが、一緒に共同作業で何かを乗り越えるという事ではありません。

二人の前に立ちはだかる障害を、お互いに力を合わせて共に協力して乗り越えていく·····というイメージがあるかもしれませんが、実際には個々で乗り越えて行きます。

男性ツインは現実を切り開くことで、現実的な力をつけ、それと一緒に精神的な成長も遂げるため、物理的な現実→精神面の成長との順番になります。

それに対して女性ツインは、精神的な成長を遂げることで現実を切り開こうとするため、精神面の成長→物理的な現実との順番になります。

二人の成長スピードは同じですが、現実世界と精神世界の成長順番が逆になるため、お互いにお互いの姿を通して、お互いの成長を促しているのです。

男性ツインは女性ツインの現実を切り開くための道標となり、女性ツインは男性ツインの精神面をより高度な領域に達するための道標となる。

お互いにお互いの道程のサポートをしています。

そのため、試練や障害の内容も、男性ツイン側は現実的な物理面での障害が浮き彫りになり、予想もしないような所から立て続けに起こることもあります。

それは、女性ツインが手を出すことが出来ないような内容であり、仮に身代わりとなったとしても、男性ツインの成長の妨げとなるだけです。

そして、女性ツインは男性ツインと思うように進まない現実と感情の狭間で、自分自身の内観を少しずつ進めることで、精神面での成長を遂げます。

男性ツインが成長のために現実に向き合う期間、女性ツインはその現実を見て、精神面や感情面での葛藤が起こすことで、女性ツインの精神面の成長に繋がっているという構図です。

女性ツインの場合、男性ツインから物理的に束縛をされたり、自由を奪われたりという事はないはずです。
もし、自由でないと感じるのなら、自分で自分を縛り付けていると気付いて下さい。

そして、お互いが自身の成長に集中している期間は、思うように連絡すら取れないこともあります。

これは、サイレント期間とはまた異なり、サイレント期間終了後の統合過程の中にも、この時間は存在します。

この期間は幾度となく訪れることもありますが、繰り返すことでお互いに対しての軸を不動のものにしていきます。
深いところでの繋がりを感じるため、サイレント期間のような絶望感はありません。

例え会うことが出来なくても、連絡を思うように取れなくても、久々に声を聞いた時には、穏やかに笑顔で受け入れられる。

多くを語らなくてもわだかまりなく、お互いの存在を自然と受け入れることが出来るので、お互いが自然体の愛に包まれた状態となります。

もし、今の自分の状況が深い深い悲しみを抱いている状態であったとしても、それを乗り越えることで、ツインの片割れを導くことが出来るのだと言うことを忘れないで下さい。

乗り越えられない試練は与えられません。

お互いに自身の成長のために、少しずつ進んでいるのだと、愛をもって自分を、片割れを見守って下さい。

そして、その成長がお互いの関係の具現化に繋がるための糧になることも、忘れないで下さい。

どんな状況であっても、後に大きな花を咲かせる種が撒かれていることを発見し、受け取ったならば、必ず大きな喜びとなって返ってくるので、安心して下さいね。



via Precious
Your own website,
Ameba Ownd