赤い三角屋根の旧国立駅舎 | 高柳貴美代のブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

高柳貴美代のブログ

ブログの説明を入力します。


国立市では

旧国立駅舎復元1周年を迎えました

旧国立駅舎の建設当時を思い出します




昨年の開業時はコロナ禍のため

三密を避け新しい生活様式に合わせ

静かな開業となりました



1周年イベントも

コロナ対策をしっかり行い

くにたちが一番美しいこの季節に

市民の方々と国立市との協働による

工夫の凝らされた祝祭イベントが

開催される運びとなりました




A.本日4月3日より4月11日まで

旧国立駅舎の東西にある屋外スペースが

より広い空間へと変身します

将来

どのような広場になってほしいかを

イメージしていただくため

期間限定で社会実験的に

広場用地を開放しています

現在の土地所有者である東日本旅客鉄道株式会社

がご協力下さり

広場用地の期間限定開放が実現しました

ありがとうございます

広場用地の図


また、実験的な取組として

可搬式の緑化ベンチが

東西の用地にそれぞれ設置され

ウッドベンチも東西の用地に

それぞれ設置されています




西側広場の様子


東側広場の様子


また旧国立駅舎の中には

パネル展示がありました


令和3年3月に

国立市とJR東日本は

国立駅南口における用地交換にかかわる合意書
を締結しました

用地交換により
国立市が取得する予定地は

(仮称)旧国立駅舎東西広場

として整備する方針となっています

また
南口駅前広場(ロータリー)の歩行者空間を

拡大する整備と連動して

円形公園の再整備についても検討していきます

そこで

市民の皆さまのご意見をお聞きしながら

(仮称)旧国立駅舎東西広場および円形公園

の整備を進めていくために

アンケート調査を実施することになりました

ぜひアンケートにご協力頂き

皆様の思いをお届け頂きたく

どうぞ、宜しくお願い申し上げます

詳しくこちらをご覧下さい

(仮称)旧国立駅舎東西広場および円形公園の整備に関するアンケートについて|国立市ホームページ令和3年3月に、国立市とJR東日本は、国立駅南口における用地交換にかかわる合意書を締結しました。用地交換により市が取得する予定地は、(仮称)旧国立駅舎東西広場として整備する方針です。また、南口駅前広場(ロータリー)の歩行者空間を拡大する整備と連動して、円形公園の再整備についても検討していきます。そこで、市民の皆さまのご意見をお聞きしながら、(仮称)旧国立駅舎…リンクwww.city.kunitachi.tokyo.jp

本日は旧国立駅舎で

アンケートを受け付けていました


アンケートにご協力頂きました方々には

素敵な記念品が用意されていました



また、大型モニターが設置されており

市内の学校の吹奏楽部等の合奏の他

国立市をドローン撮影した映像や

「国立大学通り桜物語」等の映像が流れています


春うらら

くにたち桜ウォーキング

本日は、150人の参加があったそうです

明日もくにたち桜ウォーキング

が行われます

桜を愛でながらまちを歩けば

心も身体も健やかになりますね❤️

🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸

イベントに携わる

多くの関係者の皆様

本当にお疲れ様でございます

連日ありがとうございます


くにたちってやっぱりいいなぁ‼︎

明日は復元1周年記念

お楽しみ抽選会が行われます‼︎