父と暮らせば | 高柳貴美代のブログ

高柳貴美代のブログ

ブログの説明を入力します。

ここのところ毎日
「本当に暑い😵💦ですね‼︎」
ハンカチで顔を拭き拭きご挨拶
をさせていただいてます


本日はお誘いいただき
        朗読劇
         「父と暮らせば」
を観に行きました

さくらホールには
入りきれない程の観客が
いっぱいでした


 
みんな、何時ものように、普通に
一生懸命、暮らしていた

今朝のように暑い夏の日差しの中に

原爆は投下され、多くの命が失われました


それから3年
美津江は生き残った
自分を責めながら生き
幸せになってはならないと思っています

でも、ひとを好きになる
心の芽生えが
大好きだった父
竹蔵を蘇らせます

広島弁が優しくて
おとったん という響きが
私はとても好きになりました

朗読劇は観客
それぞれの人の世界観の中に
独自の舞台が作り上げられます

私の心の中にも
情景が鮮やかに甦りました


一瞬にして
命を奪われ、心を奪われた

8月6日

74回目の広島原爆忌を迎えます

令和元年8月6日

はもうすぐやってきます🌻