高槻市議会議員 平田裕也

若者代表!高槻から日本を元気に!!


テーマ:
阪急高槻市駅構内に整備予定の観光情報発信拠点について質問しました。具体的な内容については以下の通りです。(※なお、正確な議事録について、後日、高槻市議会ホームページに掲載されます。) 

平田①
観光情報発信拠点の整備として500万円が計上されております。この9月に終了する行政サービスコーナー跡を改修して、新たに発信拠点を整備していくということですが、発信拠点としてはあまり目立った場所にありませんので、たまたま場所が空いたからここでええやんというような感じであまり戦略性があるようには思えないんですが、どういう経緯でこの場所でいこうということになったのか、まず一点目お伺いします。

答弁①
今年9月末に阪急高槻市駅行政サービスコーナーを廃止するにあたり、従前より課題となっておりました観光を中心とした地域情報の発信力強化、とりわけJR高槻駅とあわせ阪急高槻市駅においても観光情報を発信し、観光案内ができる環境を整備するために、今回、同所を選定したという経過でございます。


平田②
私、竹の内に住んでおりまして、子どものころから阪急電車あるいは阪急駅前にかなり馴染みがありますが、正直この場所があまり目立つ位置にあるとは言えません。観光情報発信拠点としてちゃんと機能するのかなぁという懸念を少し感じておりますが、その点についての市の見解と、それについての対策を考えておられるのであればお答えいただきたいと思います。

答弁②
阪急高槻市駅の構内に情報発信拠点を構えることにつきましては、駅以外での開設と比較しまして、多くの乗降客を誘引できる点において優位性があると考えております。目立つ場所ではないというご指摘につきましては、駅構内における誘導サインの設置等、阪急電鉄株式会社との協議の中で適切に対応してまいります。また、広報誌などをはじめ、市や観光協会のホームページ等でも周知を図ってまいります。


平田③ 
しっかり誘導、あるいは周知をしていただくようにお願いしておきたいと思います。本来なら、本市の第一の玄関口はやはり乗降客数考えてもJR高槻になるかと思いますが、今回の取り組みと並行してJRでの観光情報発信も欠かせなし、強化すべきだと考えておりますが、その点についてはどのように考えておられるのか、お伺いします。

答弁③
JR高槻駅の観光案内所につきましては、昨年度より、所管する観光協会と連携しまして、更なる活用を推進しているところでございます。具体的には、はにたんグッズの販売開始や、オープンたかつきの情報発信拠点としての位置づけの中で、オープンたかつきのPR及び手続きの案内、プログラムの集合場所としての活用などを行っております。

また、今回、阪急高槻市駅の新たな情報発信拠点におきまして、たかつき土産やはにたんグッズのPRを予定してございますので、これらと連動させ、JR高槻駅の観光案内所におきましても、新たな商品の販売やPR等に取り組んでまいります。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
本日、行われた都市環境委員会でごみの持ち去り禁止条例の強化にむけた取り組みについて質問致しました。やりとりは以下の通りですのでご覧ください。(※なお、正確な議事録については後日高槻市議会のホームページに掲載されます。)


平田①
ごみ減量対策事業、廃棄物減量等推進審議会の開催に係る委員報酬等経費ということで52万7千円が計上されておりますが、まずその具体の内容についてお伺いします。

答弁①
補正予算527,000円の内容につきましては、委員報酬455,000円と打合せ等にかかる高速道路使用料・消耗品費等の額でございます。

なお、目的といたしましては本市一般廃棄物処理基本計画の減量目標として、リサイクル率を現在の19%から平成37年度に27%に高めることとしていることら、リサイクルごみの行政回収量の増加を目指し、いわゆる「持ち去り禁止条例」の強化について審議いただく予定でございます。


平田②
私もこのごみの持ち去り問題についてはたびたび市民相談を受けますが、なかなか状況が改善されてこなかったということで、少し歯がゆい思いをしておりました。特に小学生の登校中にこの持ち去り業者が大声でわーわーやってて、そういうのを子どもが見るのは教育上もあんまりよくないんじゃないかという相談も多数ありました。今回、新たな対策を講じていくということで期待をしたいと思いますが、現状、市としてはこのごみ持ち去りの状況についてはどのように認識、把握されているのか、また対策としてはどういった取り組みをされてきたのか、合わせてお伺いします。

答弁②
本市の持ち去りの状況につきましては、本年7月15日に行いました「ごみの減量・資源化講演会」におきまして実施したアンケート結果によりますと、実際に持ち去りにあったことや目撃したことがあるという方が全体の86%。また、その回数につきましては、ほぼ毎回という方が40%おられました。持ち去りにあった資源物につきましては空き缶類・古紙類で52%、不燃ごみの金属類で37%という回答でございました。この結果から、持ち去り行為は日常的に行われており、特に近年は不燃ごみの持ち去りが増えていると認識しております。

取組状況につきましては、清掃業務課におきまして、平成28年度は早朝パトロールを含め128回のパトロールを実施するとともに、苦情や相談のあった自治会等には、直接訪問し、集団回収に移行していただくよう啓発を行っております。


平田③
近隣の自治体でも、既に罰金あるいは過料の罰則を条例で定めているところもでてきております。で、持ち去り業者は条例のない自治体で持ち去ることが多いということでありますから、本市でも罰則付きの条例を考えていくということやと思うんですが、具体的には他市の取り組みについてはどのような状況なのか、特に罰則もうけることでどれくらいの成果がでているのかどうか、お答えください。

答弁③
他市の状況につきましは、近隣市町で罰金等を定めておりますのが、茨木市・箕面市・枚方市・豊中市でございます。また既に実施に向けて検討を行っているのが吹田市・島本町でございます。次にその効果でございますが、昨年4月から条例を施行した豊中市おきましては、前年度の収集量と比べ、空き缶類が1.23倍、古紙類が2.26倍になったと聞き及んでおります。


平田④
しっかり成果がでているところもあるということで、そういうところぜひ参考にしていただきたいと思います。条例強化することももちろん大事ですが、より効果あげるためには、やはり条例改正後の取り組みというか取り締まりをきっちりできるかどうかということにかかってると思いますので、そのへんの取り組みの方針というのも審議会でしっかりと議論をしていただきたいなと思います。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

今日から高槻市9月議会が始まりました。今議会では人事案件や条例案件のほか、約5億4千万円が計上された補正予算案件などについて審議します。


《主な審議内容》

・被害の多い高齢者に対し、特殊詐欺対策機器の貸し出しを行う


・リサイクルごみの回収量の増加を目指し、持ち去り禁止条例の強化について審議会を開催


・阪急高槻市駅行政サービスコーナー跡を改修し、新たな観光情報発信拠点を整備


・富寿栄住宅の早急な建替事業を実施するため、具体的な検討を行い、基本計画を策定


・大阪府の制度変更により、本市の福祉医療助成制度を見直し



《34年連続、黒字決算を維持》

また、今議会では昨年度の決算内容も示されています。平成28年度の普通会計では歳入と歳出の差額から翌年度に繰越すべき財源を差し引いた実質収支は9億2,814万円となり、昭和58年以降連続して黒字決算を維持しています。


しかし、財政の弾力性を示す経常収支比率は94.9%と前年度より少し悪化しており、市債残高も上昇傾向にあります。今後、人口減少による税収減、高齢化の進行による扶助費等の社会保障費の増大、公共施設の老朽化対策など、本市を取り巻く環境は厳しいと予想されます。


そのような状況を踏まえ、充実させるべき施策、削減可能な施策をしっかりと議論し、政策提言を行なってまいります。

{40B017D0-E392-440B-8FAA-6A48FDAD8FD4}


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。