川歩き初体験 ご報告8/9 | 高田淳子のBLOG 蛇喜猫賀ジャキビョウガ ドラムサークル

高田淳子のBLOG 蛇喜猫賀ジャキビョウガ ドラムサークル

アフリカンパーカッション奏者高田淳子のブログ。蛇喜猫賀正、ドラムサークルドンジャラホイ主催。



高麗川まるごと再生プロジェクト遊歩道予定地を歩いてみました。
家の前を流れている高麗川、20年暮らしていて川歩き初体験です。

獅子岩橋から上ってくる仲間と合流するため
遅れて参加の私は、高岡橋からひとり下流へ向かいます。

木漏れ日の中、静かに流れる高麗川は思ったよりも浅く
苔などが付いた石が多いので、注意深く進みます。

気が付くと、濃い緑のトンネル、
高麗川という龍蛇の体内へ侵入したような不思議な感覚に。
非日常的な別世界が広がっていました。

巨大な岩がたたずむ場所を発見、極上のサウンドホール。
せせらぎとコラボレーション。唄と音楽が止まらない。
ひとしきり楽しんでさらに下流へ。



かなり歩いたところでやっと呑気な仲間達と合流しました。
蛇行している川の中を歩いていると、時間軸が止まってしまうらしい。

生き物や植物、河原の様子を観察しながらゆっくり上流へ歩いていきました。



高岡橋を過ぎたところで、河原に異変が起こっていました。異常に盛り上がった河原。
かつて河原を覆うように茂っていたケヤキの大木が、今は見る影もありません。




さらに上がると、土地の神様が祀られている巨大な一枚岩が現れます。
そのお蔵淵も異変が。対岸にはあるはずのない角がとがった砕石がびっしり堆積。



清流橋まで上がると、完全に河原の形が崩壊、
大量に堆積した土砂に生えた葦が広がります。
やはり上流の工事が原因で、川の形状が崩れてしまったのでしょうか?

お昼は清流橋の貴重な河原で、お弁当タイム。
差し入れのケーキの美味だったこと!!

河原でトーク、2015年の夏は、今だかつてないほど熱くなりそう!
熱すぎて、熱中症になりかけた私は、残念!ここでリタイヤでした。

皆は天神橋、魚道をチェックして終了、お疲れ様でした。
今週末は、ニュージーランドから里帰り中の妹と高麗川の川歩きします。
今年の夏は、いっぱい川歩きするぞ~ !!