正しいネガティブのススメ

「心の病気じゃないけど、なんだかツライ」あなたに贈る、悩みとうまく付き合う方法


テーマ:

セロリが

スキなあなたも
あまりスキでないあなたも

こんにちは。

Ipodのボリュームが突然大きくなり電車の中で叫びそうになり杉田です。

1週間お疲れさまでした!



え~と、さてさて、今回のブログは、
いきなり質問からいきましょうか。

Q1 あなたが最近、セロリを食べた時のことを思い出してみてください。
あなたはそのセロリの味をどう思いましたか?

A おいしい
B あまりおいしくない

うーん、私はセロリは食べられるけど、

そんなにスキでもないので、Bかなぁ。


では次の質問いきますよ。


Q2 あなたが最近、桜を見た時のことを思い出してみてください。
あなたはその桜を見てどう思いましたか?

A キレイ
B キレイじゃない

私はこれは文句なしにAかなぁ。


あっ、「今回の質問、いったいナニが聞きたいんだ?」
なんて思いますよね?(笑)

実はこの質問の意図は、

あなたは、「事実」と、そうじゃないものを区別しているか?

ってことなんです。

Q1とQ2で、あなたが、「セロリを食べた」、「桜を見た」というのは、
「事実」なんですね。

でもそれを、「あまりおいしくない」とか、「キレイ」とか思うのは、
「事実」ではなく、あなたの「評価」なんですよ。

だからAorBどちらを選ぼうと、それは「事実」はなく、
どちらと選ぶことが「正しい」とかもでなく、

あなたが勝手にそう思っているだけの話なんですね。

ではさらに2つの質問を考えてみてください。


Q3 あなたは自分のことを、「モテる」と思いますか?

A モテる
B モテない


Q4 あなたは自分自身のことをどう思いますか?

A ダメ人間だと思う
B 結構イケていると思う


あっ、もうカンの良い方は、私が何を言いたいか、
だいたいわかってしまいましたね。(笑)

あなたが、「モテる」 or 「モテない」とか、
あなた自身が、「ダメ人間」 or 「結構イケている」とかは、
「評価」なんですよ。

飲みに行くと自分のまわりに異性が多く寄ってくるだけで、
「モテる!」と思っている人もいれば、

1年で3回告白されたから、「モテる!」と思っている人もいれば、

1人のパートナーからすごく愛されているから、
「モテる!」と思っている人もいれば、

逆に、上記のようなことがあっても、
「モテない!」と思っている人もいるわけですよ。

それはQ4も同様で、

社長になっても、「ダメ人間」だと思っている人もいるし、
平社員でも、「結構イケている」と思っている人もいる。

つまり、Q3もQ4も、「あなたが存在している」ということに関しては、
「事実」なんですね。

でも、あなたが自分自身に対して思うことに関しては、
「評価」なんですよ。それは「事実」じゃないんです。

ところが、悩んでいるばかりの人に多いのが、

自分が「モテない」とか、
自分が「ダメ人間」とかいうことが、

「全宇宙の事実!」

みたいに思っていんですよね(笑)
それは「絶対正しい」、「絶対の事実だ」って。(笑)

逆にいえば、「自分の評価 = 全宇宙の事実」と思えるなんて、
どれだけ自分を正しいと思っているんだと。(笑)

ということで、まとめますと、
もうみなさんお分かりの通り、

自分が「モテる」or「モテない」も
自分が「ダメ人間」or「結構イケてる」も、

基本的には、セロリが、「おいしい」 or 「あまりおいしくない」と
同じレベルの話をしているということなんですよ。(笑)

なのに、人はそのレベルの「事実ではない話」に振り回されている。

と、私がこんなことを書くと、この記事のコメント欄には、

「理屈ではそうだけど、やっぱり自分をダメだと思ってしまいます・・・」

とか、たぶんそんなコメントが多いと思うんですね。(笑)

いやいや、私がお伝えしたいのは、「無理に自分を良く思え!」
とかそういうことじゃないんですよ。(笑)

どっちと思ってもいいことを、そう思っているのは、
あなたが何か得るものがあるからなんだな・・・。

ということで、最後にあなたに質問をして終わりにしたいと思います。

あなたは、自分を「ダメ人間」と思うことで、何を得ていますか?
何をしなくてすみますか?

セロリが「おいしい」or「あまりおいしくない」と
自分が「ダメ人間」or「結構イケてる」は、

結局、同じレベルの話をしているんですよー。

どう思っても「事実」ではないから、
どう思っても自由なんですよー。



それでは今回はココまでにします。

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。
また次回お会いしましょう!



ちょっと前に進みたくなったら、以下のリンクからどうぞ



「悩んでいない人の悩み相談 メンタルトラベル」サービス一覧


杉田隆史公式ホームページ


杉田隆史著書 「正しく悩む技術」

杉田隆史オススメの本

杉田隆史ツイッター
プリーズ・フォロー・ミー!

杉田隆史フェイスブック
ブログの読者さんのお友達申請ウエルカムです。
「正ネガ読者です」とメッセージを添えてくださいね。



コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

「下流の宴」というドラマを、

ご覧になったあなたも
ご覧になっていないあなたも

こんにちは。

添付資料が文字化けし杉田です。

1週間お疲れさまでした!



普段あまりテレビは観ないのですが、
気がついてみれば、「下流の宴」というドラマを全話観ていました。

あなたはご覧になりましたか?

このドラマ、すごくハッとするようなセリフが多かったんですよ。

ということで、今回のブログは、「下流の宴」の中で私が特に印象に残った
2つのセリフについて書きたいと思います。

あっ、といっても録画していたのを消してしまったので、
正確なセリフは覚えていないんですけど、

まぁ多分こんな感じのセリフでしたよ、ということでお許しください。(笑)

では1つ目のセリフです。


黒木瞳さん演じる、お母さんが家族のグチを言うシーン。

「息子は高校中退して、フリーターで、ヘンな女の子と結婚するとか言ってるし、
娘は、せっかく大学出たのに派遣で働くとかいうし、
主人は、私と結婚したこと後悔しているみたいだし・・・」

そんな感じで家族のことをグチるんです。

それを聞いた、黒木瞳の同級生役である、遠藤憲一さんのセリフです。

「こっちにはノロケているようにしか聞こえない」


これって、「ダメダメ」って、グチを聞かされている人の違和感を
見事に表した言葉だと思うんです。

人から自慢話ばかりされると、イヤじゃないですか。
「そんな話聞きたくないよ!」って気持ちになる。

でも自慢ばかりする人は、まだわかりやすいんですよ。

逆に、いつも自分のことを「ダメダメ」言う人の話を聞いていても、
同じように、「そんな話聞きたくないよ!」って気持ちになりませんか?

これって実は、「形を変えた自慢話」なんですよ。

「ダメダメ」って言いながら、「本当の自分はこんなもんじゃない!
もっとスゴイんだって!」って相手に自慢しているんです。

「下流の宴」のセリフ風に言えば、
「自分にノロケている」といえばいいのでしょうか。

いつも自分のことを「ダメダメ」っていう人の話って、

聞かされている方は、「ネガティブな話ばかりだから聞くのがイヤだ」
のようなことで片付けられることが多いんですけど、

実は心の奥で、自慢話を聞かされるのと同種の苦しさを感じているんですよ。

よくツイッターとかブログとかでも、見事に
「自分がダメだ」ってことばかりを書いている人っていませんか?

それって、「私って本当はスゲー!」って自慢話しているのと同じ・・・キャー!(笑)

なんて言いながら、私も昔、
バリバリ「自分にノロケまくっていた」んですよ。(笑)

いやぁ、どうりで友人が少なかったわけで。

ガッハッハ!

・・・・・


あっ、では2つ目のセリフです。

その高校中退して、フリーターをしている息子が、
「お母さんがキライだから家を出た」と言った時、

その彼女から言われるセリフです。


「本当はお母さんのことスキでしょ?
(家を出たのは)お母さんのことがキライだからじゃなくて、
お母さんの期待に応えられない自分がツライからでしょ?」


う~ん、これもハッとするセリフだなぁ。

お母さんという相手そのものがキライなんじゃなくて、
お母さんの期待に応えられない自分がツライ。

だからお母さんをキライってことにしてしまう。

このセリフは、ちょっと主語を変えて考えてみます。

自分そのものがキライなんじゃなくて、
自分の期待に答えられない自分がツライ。

だから自分をキライってことにしてしまう。

「悩んでばかりいる人」ってそうだと思うんです。

「悩んでばかりいる人」って、

「能力が低い」とか、「意志が弱い」とか、
「自分がダメだから、悩んでばかりなんです」って

自分のことを分析するんですけど、本当は違うんです。

「自分に高い期待をし過ぎている」から
それにいつも満たない自分のことがキライになって、悩んでばかりなんですよ。

能力の問題ではなく、その人が「自分を過大評価していること」が問題なんです。

これって、結構、自分では気づきたくない話でしょ?(笑)

ではそんな人は、どうすればいいかというと、

その答えは・・・

・・・・・


今日の「悩みとうまく付き合う方法」ワークショップでお話します。(笑)
いやぁ、それにしても今までで一番いやらしい寸止めですね。(笑)

「いやし系」ならぬ、「いやらしい系」。(笑)

でもこれ、文章で説明するのが本当に難しくて、
今度出版する本でも、結局ボツにした部分なんですよ。

だって1週間まるまるかけて書いた渾身の文章が、「わかりずらい」とか、
「杉田さんの苦労がわかる」なんて言われるんだもん。(笑)

ワークショップでは図を使いつつ説明します。


ここで説明できなくてごめんなさいね。

でも「いやらしい系」キャラも、なんだか快感になってきた。(笑)

次は「いやしい系」キャラでいこうかなぁ。(笑)



それでは今回はココまでにします。

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。
また次回お会いしましょう。



ちょっと前に進みたくなったら、以下のリンクからどうぞ



「悩んでいない人の悩み相談 メンタルトラベル」サービス一覧


杉田隆史公式ホームページ


杉田隆史著書 「正しく悩む無技術」

杉田隆史オススメの本

杉田隆史ツイッター
プリーズ・フォロー・ミー!

杉田隆史フェイスブック
ブログの読者さんのお友達申請ウエルカムです。
「正ネガ読者です」とメッセージを添えてくださいね。



コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

前回のブログに書いた、「自己愛の秘密結社」ともいうべき、
「会」について、

ちょっぴり興味あるあなたも
あまり興味のないあなたも

こんにちは。

発泡酒ばかり飲んでいるとビールに静かな感動があり杉田です。

1週間お疲れさまでした!



え~と、ここ4回続いた「自己愛」シリーズ、
今回が最終回です。

(今までの記事はコチラからどうぞ)
自己愛(1)
自己愛(2)
自己愛(3)
自己愛(4)


え~と、今回のブログも、前回の続きですよね。

確か前回は、

「自己愛」とは、日本の官僚みたいに、なかなか取扱注意で、
その扱いによっては、人生つらくもなるし、人生の助けにもなるんだと。

なので、自己愛をマイナスのものとして捉えるのではなく、
「自己愛を活かす」方向でいけないだろうかと。

ということで、自己愛の強い人同士で集まって、
「自己愛を活かす」井戸端会議をしませんか?

私がそのための「会」を発足させますよ、

なんて話をしていたんですよね。

で、その「自己愛の秘密結社」ともいうべき、(笑)
その「会」の名前は・・・

なんて所で、おなじみの寸止めだったんですよね。


では早速いきますが、
その「会」の名前なんですけど・・・


「自己愛を活かす会」  ← そ、そのまんまや~ん!!!


にしたいと思います!(笑)

でもこの名前、例えばもし、懇親会とかで、居酒屋に行った時、

「え~と、19時から予約している、「自己愛を活かす会」です」

なんて言うのは、結構ハズカシーですよね。(笑)

でもそうやって、それをネタにするというか、笑い飛ばすことで
自らを認めることができて、次のステージにも行けるのではないかと。

なので、あえてわかりやすく、
そしてハズカシー名前をつけました。(笑)

で、その「会」の活動なんですが、
今の所、こんな風にイメージしています。


★ 「自己愛を活かす会」のイメージ(モワ~ン)

■ 1~2ヶ月に1回の定期的な開催
■ 最大でも8~10人くらいまでの集まり
■ 希望者は終わった後、懇親会もあり

で、「会」の活動内容なんですけど、

私が心裡セラピストとして何かプログラムを提供するというのではなく、
ホントにただの「井戸端会議」であり、「雑談」です。

基本的には、参加される方同士の「近況報告」や、
「自己愛の活かし方」という結論のない話を、

みんなでダラダラ話し合うといった感じです。

私は単なる進行役です。

心の中に、「自己愛を活かす」というテーマのアンテナは立ててはおきますが、
話がどう転ぶかはわかりません。(笑)

話の展開によっては、

私がブログの裏話とか、セラピストのテクニックとか、
ポロッとお話しちゃうかもしれませんし、(笑)

なんか課題図書でも決めて、みんなで読んだりしてもいいかなと。

でもまぁ、まだ最初なので、
「会」の内容や方向をガチガチに決めない方がいいのかな、

とも思っています。

で、この「自己愛を活かす会」の意義なんですけど、

私も個人的に、定期的な「会」に出席しているのですが、

「同じテーマを持った人」の中で、
「自分のことを話す&人の話を聴く」

って、すごくイイんですよ。

人の話を聴くと、同じテーマを持った自分のことと重ね合わせるので、
気付きもあるし、刺激を受けたりもするし、

「自分が望んでいることがかなった時、このメンバーの前で発表したいな」

って思うとモチベーションがわいてくるんですよね。


と、いうことで、お待たせしました。

そんな「自己愛の秘密結社」ともいうべき、「自己愛を活かす会」の、
記念すべき第1回目の詳細は以下の通りです。


★ 第1回 「自己愛を活かす会」 詳細

■ 日時 6月26日(土) 15時00分~18時00分

■ 場所 恵比寿駅周辺 (詳細はご参加いただく方にのみご連絡いたします)

■ 参加費 

今まで杉田のセラピー、もしくはワークショップを受けられた方 お1人 1000円(税込)
一般の方 お1人 3000円(税込)

*その他、今回の会場は、現地で飲み物代(コーヒー代)1杯分 が必要になります。

■ 懇親会 

終了後にご希望の方のみ、近辺の居酒屋で懇親会を予定しています。
実費割り勘です。

■ お申し込み

お申し込みご希望の方は、

メールの件名を 「自己愛を活かす会参加希望」とした上で、
下記の「Copy and Paste」内の内容を添えて

support★mental-travel.com (★を@に変更お願いいたします)

までご連絡お願いいたします。


*最大でも定員10名を考えています。
 定員になり次第、応募を〆切らせていただきますのでご了承ください。


────────────↓Copy and Paste↓────────────
support★mental-travel.com (★を@に変更お願いいたします)

件名:「自己愛を活かす会参加希望」

6月26日の「自己愛を活かす会」に参加を希望します。
(1)お名前(フリガナ)
(2)メールアドレス
(3)一言あればどうぞ
────────────↓Copy and Paste↓────────────



で、最後に気になる、
「自己愛を活かす会」への参加資格なんですけど、

■ 自分の悩みを、「人になんとかしてもらおう」と思っている依存的な人
■ 「どうしたらいいですか?」と、だた「答え」ばかりを求めている人
■ ただ会に参加しているだけで、なんとかなると思っている人
■ その他、批判的、自己中心的など、周囲との協調がとれない人
 (会を辞めていただくこともあります)

以上のような方のご参加はご遠慮ください。

ちょっと厳しいでしょ?(笑)

でも、話すのが下手だとか、人見知りだとか、
人前で緊張しちゃうとか、今までハズカシー人生だったとか、

そういったことは一切気にしないでください。
私は全部当てはまります。(笑)

要は、「自分でやる」というのが基本です。

自分で学び、自分で気付き、
自分でトライ&エラーを繰り返しながらいく成長していく「会」です。

上手くいったら、その報告を「ウォー!」ってみんなで喜び、
失敗は「ガッハッハ!」ってみんなで笑い飛ばしながら、

明るく楽しく、盛り上がっていきたいと思います。

まさに、Bさんタイプのレジスタンスだぜ!(笑)
世の中、今に見てろよ!(笑)

あっ、それからもう1つの参加資格。

もちろん自分で、「自己愛強いかも・・・」とこっそり気付いている方

というのが最低限の参加資格なんですけど。(笑)

いやぁ、「自己愛を活かす会」、いったい何人参加されるのかなぁ。

すでに「参加したい!」なんて声もいくつもいただいているのですが、

なんとも不思議な企画ですので、本当に当日何人参加されるかは
私にも全く見当がつきません。

参加ご希望多数の場合は、お断りすることもあることをご了承ください。

でも逆に、もし仮に参加者が1人だけだったとしても、(笑)
6月、7月、8月は、3ヶ月連続で会を開催します。
(その度、ブログでお知らせします)

で、この最初の3ヶ月は、「会」の実験期間という事で、その後、

会の頻度(1ヶ月ごと or 2ヶ月ごと)、スタート時間、
開催場所、参加人数、参加費、

参加方法(応募者多数の場合は会員制にするとか、
同じメンバーで6ヶ月とか期間を区切った方がいいのかとか)

など、様子を見ながら、会をより良い方向にするために、
運営の仕方を見直しようかなとも思っています。

でもとりあえず、今の所は、参加資格さえ合えば、
どなたでもご参加可能です。毎月参加でもいいですし、1回参加でもいいですし。

でもこういうのって、だいたい最初に集まる人たちって、なぜか濃いメンバーだし、
きっと今後コアなメンバーになっていくんでしょうね。(笑)

それではご参加希望のみなさん、
友達同士ではなかなかできない、でも実は「話したい話」をたくさんしましょう!

みなさんに直接お会いできるのを楽しみにしております!



今回はココまでにします。

こんなに最後まで読んでくださって、ありがとうございました。
また次回お会いしましょう!



ちょっと前に進みたくなったら、以下のリンクからどうぞ



「悩んでいない人の悩み相談 メンタルトラベル」サービス一覧


杉田隆史公式ホームページ


杉田隆史著書 「正しく悩む無技術」

杉田隆史オススメの本

杉田隆史ツイッター
プリーズ・フォロー・ミー!

杉田隆史フェイスブック
ブログの読者さんのお友達申請ウエルカムです。
「正ネガ読者です」とメッセージを添えてくださいね。



コメント(0)  |  リブログ(0)