「誰かのサポートにまわりたい」だっていいじゃない! | 正しいネガティブのススメ

正しいネガティブのススメ

「心の病気じゃないけど、なんだかツライ」あなたに贈る、悩みとうまく付き合う方法


テーマ:


誰かのサポートにまわるのが

スキなあなたも
あまりスキでないあなたも

こんにちは。

シリアルは牛乳少なめのほうがスキ杉田です。

1週間お疲れさまでした!



えーと、私のセラピーでは、

「何がしたいかわからない」

というご相談て多いのですが、

そのテーマについていろいろお話していくとですね、

「私、自分から「こういうことがしたい!」みたいなものはないんですけど、
 誰かのサポートするのがスキなんです。
 どうやったら、その人がスムーズにいくかとか考えて工夫するのとか楽しくって。
 でも、そんなのって、自分の「やりたいこと」って言えないですよね・・・」

みたいなことを言われる方って、結構いらっしゃるんですよ。
(特に女性の方に多い)

 

で、そういう方のお話をお聞きして私が思うことなのですが・・・


あ、その話の前にですね、

1つご紹介したい言葉があるんですけど、

 

先日ワークショップをした時、アシスタントをしてくださった方が、

こんな話をしてくれたんですよ。


「杉田さん、誰が言ったか知りませんが、

 

 不安には耐えられるけど、不満には耐えられない人は、フリーランスに向いている。
 不満には耐えられるけど、不安には耐えられない人は、サラリーマンに向いている。

 

 なんて言葉があるそうですよ」


で、私、この言葉を聞いて、

「ウォ!、それ超名言!

 たしかに不満に耐えられない人がフリーランスに向いているって

 その通り!」

って思ったんですけど、

 

その理由は、「私自身が、単に不満に耐えられないから(笑)」

ってことだけではなくて、

 

私、

「フリーランスって、新しいアイディアを出すのが得意な人に有利」

って思うんですよ。

なぜなら、フリーランスって、競合にどんなに大手や有名人がいても、

お客さんに、

 

「他ではなく、あなたにお願いしたい!」

 

って思ってもらわないといけないわけですよね。
となると、「他といかに違うか」ってことが重要になってくるわけですよ。

そうなると、フリーランスに向いている

 

「不満に耐えられない」って資質って、

 ↓

「私だったらこうやるのに!」ってことにもつながってきますから、

 

ある意味、「新しいアイディアが出やすく」なると思うんですね。
ほら、新製品て、けっこう不満から考え出されたりするじゃないですか。

なので、不満を感じやすい人って、新しいアイディアも出やすいわけで、
そういうのってフリーランスするのに有利だなって思うんですよ。

あ、でもこの、「新しいアイディアを出す」って、

私は、わりとはっきり得意不得意が分かれるものだと思っていて、

あなたのまわりでも「アイディアマン」て数が限られてませんか?
全員が全員じゃないというか。

なので、「新しいアイディアを出す」ことが全然できない人が

フリーランスをすると、

 

ちょっと大変なんじゃないかって思うんですよ。



あ、で、話を戻しますが、先ほどお話した、

「私、自分から「こういうことがしたい!」みたいなものはないんですけど、
 誰かのサポートするのがスキなんです。
 どうやったら、その人がスムーズにいくかとか考えて 工夫するのとか楽しくって。 

 でも、そんなのって、自分の「やりたいこと」って言えないですよね・・・」


なんて思っている方って、

 

「ゼロをイチにする」

「まっさらな状態から、どっちに行くか方向を決める」

 

みたいな感じの「アイディアを出す」は、

得意じゃないと思うんですよ。

でも、きっと、

 

「方向が決まっているものを改良する」

 

のが得意なんでしょうね。

あ、私、そういう、「方向が決まっているものを改良する」のが得意というのも、
「新しいアイディアを出す」と同じ価値を持つ能力だと思っていて、

むしろ、そういう方が、

「誰かのサポートなんて主体性がないし、
 私も新しいアイディアが出せる人にならないと!」

みたいに思っているほうが、逆に、

「自分じゃないものになろうとしている」

って気がするんですよ。


あ、でも、もしかすると、

 

会社で、その人の決めたこと次第でなんでも進んでいく、

経営者とか、○○部門のトップみたいな人から見れば、

「誰かのサポートだなんて主体性がないことは、

 「やりたいこと」だなんて認めない!」

なんて思うのかもしれないですけど、

よく考えてみれば、

経営者とか、○○部門のトップみたいな人がやってることだって、

「会社のサポート」

なんですよね。

なので、「誰かのサポートするのが楽しい」って言っている方って、

そのサポートの対象が「会社」ではなく、
 

「人(誰か)」なだけだと思うんです。

 

きっと、「誰かのサポートにまわるのが楽しい」って言っている方って、

「会社」とか、「組織」のサポートとか言われても全然ピンとこないけど、

 

顔の見える「一個人」のサポートとかだとスイッチ入る方なんでしょうね。

 

なので、

 

「どうやったら、その人がスムーズにいくかとか考えて工夫するのとか楽しくって」

 

って思うなら、その「楽しい」を信じてイイんじゃないかって。
「それ、やりたいことでしょ!」って。

あ、ここでの話のポイントは、

 

「新しいアイディアが出ない」あなたは、

「誰かのサポートをする」が「やりたいこと」でしょ?

 

みたいな話ではなくて、

 

「誰かのサポートをする」ことを、

あなたが、「楽しい」って思っているかどうか、

 

ってことが重要で、

 

同じ「誰かのサポートをする」をやっていても、

それを「楽しい」と感じない人は、

 

それが「やりたいこと」とは言えないわけですよね。


あ、ということで、

「私、自分から「こういうことがしたい!」みたいなものはないんですけど、
 誰かのサポートするのがスキなんです。
 どうやったら、その人がスムーズにいくかとか考えて 工夫するのとか楽しくって。
 でも、そんなのって、自分の「やりたいこと」って言えないですよね・・・」

なんて思っている方に私がお伝えしたいことは、


「いいじゃないですか!
 それ、YOUのりっぱな「やりたいことで」しょ!」

って思うし、

 

なんてもかんでも、「自分が自分が!」とかではなくて、

誰かのサポートにまわることを心から愛する人っているよね、

 

って話でしたとさ。



それでは今回はココまでにします。

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。
また次回お会いしましょう。

 

 

ちょっと前に進みたくなったら、以下のリンクからどうぞ

 


「悩んでいない人の悩み相談 メンタルトラベル」サービス一覧


杉田隆史公式ホームページ


杉田隆史著書 「正しく悩む技術」

杉田隆史オススメの本

杉田隆史ツイッター
プリーズ・フォロー・ミー!

杉田隆史フェイスブック
ブログの読者さんのお友達申請ウエルカムです。
「正ネガ読者です」とメッセージを添えてくださいね。


悩んでいない人の悩み相談 心理セラピスト 杉田 隆史さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント