正しいネガティブのススメ

「心の病気じゃないけど、なんだかツライ」あなたに贈る、悩みとうまく付き合う方法


テーマ:


人と話すのが

ふつうにできるあなたも
あまりうまくないあなたも

こんにちは。

為末大さんご本人にリツイートされてウレシ杉田です。

1週間お疲れさまでした!



昔、セラピーを習った先生が、

「慣れてくると、クライアントが悩みを話さなくても
 見ただけで悩みがわかるようになります」

なんて言ってるのを聞いて

「先生、いくらなんでも、そりゃーないでしょう」
って思ってたんですけど、

ある意味、先生の言っていたことは本当で、
気がつけば私もそんな感じになっていました。

あ、といっても、

「見ただけで悩みがわかる」というのは、
ちょっと大ゲサですけど、(笑)

クライアントさんがセラピールームのドアを開けた瞬間に
その動きや外見を観察すると、

ある程度悩みがわかってしまうことがあるし、
(実際に後で聴くクライアントさんの悩みと一致する)

クライアントさんが悩みを話していなくても、
「話し方」を見ただけで、悩みがわかることがあります。

たとえばセラピールームに入ってくる時、

「私と目を一切合わせずに入ってきて、
 満員電車に乗っている乗客のような顔して席につく」

みたいな方っていらっしゃるんですね。

この「満員電車に乗っている乗客のような顔」というのは、

「人がいるのに、人がいないような顔」
といえばいいのでしょうか。

こういう方は、ほぼ「人とうまく話せない」という悩み
を扱うことが多いです。

こういう方のツラさは、自分の内面で本音は、
「人と話したい」と思っているのに、

外面(満員電車に乗っている乗客のような顔)が
それと一致していないんですよね。話したくなさそうに見えちゃう。

だからまわりの人は話しかけづらくなって、

ますます「人と話せない」ということが強化されてしまう

んですよ。

あ、もちろん「うまく話せない」というのは、
こういうタイプの方だけではなく、

ざまざなタイプの「うまく話せない方」が
日々セラピーにいらっしゃっています。


あ、ということでですね、
今回のブログは、その

「うまく話せない人」

についてお話したいと思います。

きっと今回の内容は、「うまく話せない人」以外には、
ポカーンな内容だと思いますが、どうかお付き合いください。

あ、で、「うまく話せない人」は、セラピールームで
以下のようなことがよく起こります。



質問に対する答えが全て「ワンフレーズ」、または、「具体的に話さない」

私がいろいろ質問しても、全ての答えが
「ワンフレーズ」みたいな方がいらっしゃいます。

たとえば、こんな感じです。

杉 「今日はどんな悩みを扱いますか?」

ク 「・・・人のことを気にしてしまいます」

杉 「具体的には?」

ク 「会社とかで」

杉 「会社でどんなことが起きているんですか?」

ク 「・・・まわりとうまく話せません」


最初はずっとこんな感じで、自分から話を広げず、
質問に最低限しか答えないか、

または、質問に対してもっと答えはするものの、
内容が全部ザックリとしていて、

全然具体的に話をしないという方がいらっしゃいます。

私、そんな方には、

「自分のことを人に知られると、どう思われる気がしますか?」

ってお聞きします。

そうすると、

「相手から否定されるんじゃないか」
「相手から嫌われるんじゃないか」
「相手を怒らせるんじゃないか」

「相手にバカにされるんじゃないか」
「相手からダメな人だと思われるのではないか」
「相手からできない人間だと思われるのではないか」

「相手に空っぽな人間に思われるんじゃないか」
「相手にヘンな人に思われるんじゃないか」
「相手からつまらない人間と思われるのではないか」

「相手をガッカリさせてしまうんじゃないか」
「相手を傷つけてしまうのではないか」
「相手から見捨てられるんじゃないか」

みたいなことを言われるんです。

だから、「なるべく自分の情報を出したくない」から、
言葉が少なくなるんですね。

で、私が、

「もしかしてそのことが悩みですか?」

ってお聞きすると、

ハッとしたり、涙を浮かべることがあります。

本人が自分がそういう悩みを抱えていることに気づいていないことが
結構あるんですよ。


質問に答えるまでの時間が長い

私が質問しても、全ての質問において、
答えるまでにすごく時間がかかる方がいらっしゃいます。

これが、

「自分を内面をゆっくり探っていて時間がかかる」

ということであれば全然問題ないんですけど、

そうじゃない場合は、ザックリ分けて2つのことが起きています。

(1)話す前にフィルターにかけている
(2)頭が真っ白になっている

この「(1) 話す前にフィルターにかけている」というのは、

その方の中に「質問の答えはある」のに、
そのままポンと答えてしまうと、

何か悪いことが起きるんじゃないかと思って、

自分の中で話す前にフィルターにかけて、
1つ1つの言葉をチェックしているんですね。

なので、そのチェックしている間に時間がたってしまうから、
質問に答えるまでの時間が長くなってしまうんです。

こういうことが起きている方には、

「質問にそのままポンと答えてしまうと、どうなると思いますか?」

ってお聞きすると、

やはり、これも先ほどと同じように、

「相手から否定されるんじゃないか」
「相手から嫌われるんじゃないか」
「相手を怒らせるんじゃないか」

「相手にバカにされるんじゃないか」
「相手からダメな人だと思われるのではないか」
「相手からできない人間だと思われるのではないか」

「相手に空っぽな人間に思われるんじゃないか」
「相手にヘンな人に思われるんじゃないか」
「相手からつまらない人間と思われるのではないか」

「相手をガッカリさせてしまうんじゃないか」
「相手を傷つけてしまうのではないか」
「相手から見捨てられるんじゃないか」

みたいに言われます。

それから、「(2) 頭が真っ白になっている」というのは、

クライアントさんをいくら待っても
質問の答えが返ってこないことがあるんですね。

そういう時は、

「今、○○さんの中で、何が起こっていますか?」

ってお聞きすると、

「真っ白です」

とか言われることが多いんです。

こういう「真っ白」が頻発する時は、
このブログで言う、

「成長が止まっている人」

の可能性があるのかなと思ったりします。

こういう人は、

「自分で自分の考えていることがわからない」わけですから、
「話しようがない」んですよね。

(「成長が止まっている人」についてはコチラからどうぞ)
成長が止まっている人



ということで、もうここまでで
おわかりになると思いますが、

「うまく話せない人」が本当に悩んでいることって、

「うまく話せないことそのもの」

というよりは、

自分が話すと、「相手から○○と思われるんじゃないか」
と「想像してしまう」こと


だったりするんですよ。

あ、ここでのポイントは、「想像してしまう」ってところで、

それって実際、相手が本当にそう思っているかわからないのに、
「自分で勝手に」そう想像しているんですよね。

なので、セラピーではクライアントさんに、

「過去に( 特に子供の頃、家族の中で)
 相手から○○と思われるんじゃないか、
 みたいに思っていたことありませんでしたか?」

ってお聞きして、

そんな経験をお持ちなら、それを題材に
セラピーを進めることが多いんです。

それをどうやるかは有料コンテンツなのですが、(笑)
ちょっとだけそれを例え話としてお話しますと、

仮にあなたが会社で重要な会議に出ていたとしましょう。

で、会議の途中、あなたがものすごく
トイレに行きたくなったとしますよ。(笑)

でもこの雰囲気じゃ、とてもトイレに抜けられそうもない。

会議では、次々と発表が行われていますが、
あなたはだんだんイライラしてきます。

「なんでみんな話が長いんだ!早くしゃべれ!
 私がトイレに行けないじゃないか!」

しまいにあなたは、イライラがつのって、
発表者を睨み付けるようになります。

すると一方、あなたに睨み付けれたAさんは思います。

「あれ、睨まれてるな。
 私がなにか悪いことでもしたのかな・・・どうしよう・・・」

Aさんは動揺して、思わず発表の内容を端折り、
急いで発表を終了します。

でもよく考えてみれば、あなたがイライラしているのは、

「Aさんの話が長いから」ではなく、

「あなたがトイレに行くのをガマンしているから」

なんですよね。

そして、そのAさんのような立場にいたのは、
子供の頃のあなただったりするわけです。

なので、私のセラピーでは、

あなたに、子供の頃の「あなた」と「親」、
その両方の立場を体験していただいたりするんですけど、

そうすると、あなたは、いろいろなことに気づいたり、
いろいろな感情が込み上げてきたりするので、

それを・・・



それでは今回はココまでにします。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。
また次回お会いしましょう!

 

 

ちょっと前に進みたくなったら、以下のリンクからどうぞ

 


「悩んでいない人の悩み相談 メンタルトラベル」サービス一覧


杉田隆史公式ホームページ


杉田隆史著書 「正しく悩む技術」

杉田隆史オススメの本

杉田隆史ツイッター
プリーズ・フォロー・ミー!

杉田隆史フェイスブック
ブログの読者さんのお友達申請ウエルカムです。
「正ネガ読者です」とメッセージを添えてくださいね。


悩んでいない人の悩み相談 心理セラピスト 杉田 隆史さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント