いきなり本丸に行く | 正しいネガティブのススメ

正しいネガティブのススメ

「心の病気じゃないけど、なんだかツライ」あなたに贈る、悩みとうまく付き合う方法


テーマ:

欲しいモノを買う時、

なるべく品揃えの多い店に行くあなたも
なるべく近所ですますあなたも

こんにちは。

アボガドが固杉田です。

1週間お疲れさまでした!


いやぁ、梅雨ですねぇ。
蒸し暑い日が続いてますねぇ。

あ、ちゃんとスモールトークできた!(笑)

(「スモールトーク」についてはコチラからどうぞ)
スモールトークの心理(1)
スモールトークの心理(2)


今はもう6月下旬ですから、靴屋さんに行けば、
サンダルってたくさん売ってますけど、

これが3ヶ月前となると、まだ寒さの残る3月ですから、
店頭にほとんどなかったんですよ。サンダルが。

あ、なんでそんな話をするかというと、

私、3月に石垣島に行くために、急ぎで
海に入っても大丈夫なサンダルを買おうとして、

靴屋さんやスポーツ店を15件くらい回ったんですけど、
全然置いてなかったんですね。

で、最終的には、

あるブランドの日本に2店しかない直営店まで行ったら、
思った以上に良いサンダルが見つかって、

ようやくそこで買ったんですけど、

その時思ったのは、

「あぁ、最初からこの店に来れば良かった。
 この店の存在は知ってたんだけどなぁ」

ってことだったんです。

みなさんも買い物する時、

「あの品揃えの多い店」に行けば、いろいろ選べるし、
たぶん欲しいモノを見つけることができるけど、

そこに行くのは遠いし、めんどうだから、
近所のありそうな店で探して、

でもやっぱり欲しいものがなくて、
結局「あの品揃えの多い店」に行かなくてはならなかった、

みたいなことって、ありませんか?(笑)

私、最近、買い物はネットですることが多かったので、
そんな感覚を忘れていたんですけど、

久々にその感覚を思い出したんですよ。

で、そんな感覚を味わいながら、フと、

「やっぱり「いきなり本丸に行く」って大切だよなぁ」

って思ったんです。

あ、これがどういうことかというと、

たとえば、あなたが

「このことを知りたい」とか、
「これを始めたい」とか、
「この仕事をお願いしたい」とか、

そう思う時って、

「この人に話を聞きたい!」
「この教室で習いたい!」
「この会社にお願いしたい!」

みたいな、

「本丸の人」
「本丸の場所(グループ・教室・店・会社など)」

がある時って、あるじゃないですか。

でもそういう「本丸」があるのにもかかわらず、

「近所でやってる場所」とか
「自分の身近にいるちょっと詳しい人」とかで、

すませてしまうことってありませんか?

たとえば、あなたがビジネスをはじめたいと思って、
自分の商品やサービスを世の中に人に知ってもらおうと、

「ホームページ(以下、HP)を作ろう!」
と思ったとしますよ。

で、そんな時、

「本当はこの人にHPを作ってもらいたい!」
という「本丸の人」はいるけど、

あなたの友人にHPを作れる人がいることがわかって、
とりあえず、「まぁ、安く作ってくれるから」と、

その友人に制作をお願いしたとしましょう。

でも私の経験でもわかるのは、

HPなんて、ただ作っただけでは誰も見てくれないので、

(1)他にないコンセプトを作ることが大切だし、
(2)HPに来てもらうためのレールを敷くことも大切だし、
(3)中身の文章も大切だし、
(4)デザインも大切だし、

HPがHPとして機能するには、
そういうことが全てできていないといけないんですよ。

(1)~(4)が1つでも欠けているって、
「小さな違い」のように見えて、

実は「大きな違い」だったりするんですね。

なので、もしあなたのお願いした友人が、
「ちょっとHP作れます」程度の人で、

(1)~(4)のどれかできなかったとしたら、
もうその時点でスタートラインにも立てていないんですよ。

それだと、何年そのHPをアップしても、
あなたの商品やサービスが世に広まっていかないわけです。

この話、HPを使って仕事をしている方には
よくわかると思うんですね。

あ、で、私のこの数年を振り返ってみたんですけど、

私が「本当に大切にしていること」って、
「身近なところ」ですませないで、

ちゃんと「本丸にコンタクトしている」んですよね。

心理セラピーを習った数々の先生たちもそうだったし、
師匠の竹内秀一さんもそうだったし、

どれ1つをとっても、もしあの時、
「この人だ!」と思う人とコンタクトしなかったら、

すごく遠回りしていたと思うんです。


あ、で、思い出したんですけど、

私がスキな「ソース」という本の中にも、

「自分の「やりたいこと」を見つけるには、
「仕事」からスキなことを探すのはやめて、
 自分のスキなことをしている「人」や「場所」へ行ってみてください」

みたいなアドバイスがあるんですけど、
これ、今となってはすごく納得するんですよね。

というのは、やっぱり人は、

「人」&「場所」とコンタクトすることって、

「なにか感じて」

それが、その人の人生を動かすと思うんです。

あ、これ、ちょっとわかりづらいと思うので、
もう少しご説明させていただくと、

たとえば、小学校、中学校、高校、大学とかって、

「そこに行かずに、自分だけで同じことを学ぶ」って、
ものすごくハードルが高いと思いませんか?

それって、

「学校に行けば、教えてくれる先生がいるから、学ぶのが楽になる」

とか、そういった単純な理由ではなくて、

やはり学校という「場所」に足を運んで、
そこで「人」と会うことによって、

あなたが何かに「巻き込まれる」 

わけですよね。

で、この「巻き込まれる」ことによって、予期せぬことも含めて、
たくさんのことを学んだんだと思うんです。勉強だけに限らず。

だから私、個人の意志だけでできることなんて、
タカが知れていると思っていて、

「巻き込まれて」しまったほうが、

自分を大きく動かせると思うんですね。
自分だけでやるよりも。

そして、同じ「巻き込まれる」なら、

あなたが本当に「イイ!」と思うもの、
つまり「本丸」に巻き込まれてしまったほうが、

なおイイと思うんですよ。

だから、「ソース」という本が言っている

「自分のスキなことをしている「人」や「場所」へ行ってみてください」

って、ホントそうだよなぁって思うんです。


あ、でもそうは言っても、

なんでもかんでも「本丸」にコンタクトしてたら、
時間もお金もかかって大変だと思うんですね。

たとえば、「テレビのリモコンの電池が切れた」くらいで、
わざわざ「秋葉原」まで行って電池買わなくても、(笑)

「近所のコンビニ」で買ってもいいと思うんですよね。
「あまり重要ではないこと」は、身近なところですませてもいい。

でもですね、大切なのは、

あなたにとって「重要なこと」さえも、
「本丸」にコンタクトせずに、

「身近なところ」ですまそうとしていませんか?

切れた電池、買うみたいに。(笑)



それでは今回はココまでにします。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。
また次回お会いしましょう!



ちょっと前に進みたくなったら、以下のリンクからどうぞ


「悩んでいない人の悩み相談 メンタルトラベル」サービス一覧


杉田隆史公式ホームページ


杉田隆史著書 「正しく悩む無技術」

杉田隆史オススメの本

杉田隆史ツイッター
プリーズ・フォロー・ミー!

杉田隆史フェイスブック
ブログの読者さんのお友達申請ウエルカムです。
「正ネガ読者です」とメッセージを添えてくださいね。



悩んでいない人の悩み相談 心理セラピスト 杉田 隆史さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント