正しいネガティブのススメ

「心の病気じゃないけど、なんだかツライ」あなたに贈る、悩みとうまく付き合う方法


テーマ:

「鈴木先生」というTVドラマを

ご覧になったあなたも
ご覧になっていないあなたも

こんにちは。

ジムに行く途中、保育園児がみんなそろって、
「ヤッホー!いらしゃいませ!ファイト!ファイト!」
と言っていたのを聞いて、その言葉を連続させる意味を考え杉田です。

1週間お疲れさまでした!



あの、いきなりですけど、あなたは、

「盗んだバイクで走れなかった人」

って言葉をご存知ですか?

あっ、結構ご存知の方いらっしゃいますね。(笑)

そう、この言葉、私が、

「どういう人に向けてこのブログを書いているか」

を一言で表した言葉なんですよ。

もちろん、この「盗んだバイクで走れなかった人」の元ネタは、

あの尾崎豊さんの「15の夜」の歌詞からなんですけど、
私がその言葉を使って表現したかったことは、

「学生の頃、そうやって盗んだバイクで走るような、
明らかな問題を行動を起こす奴だけじゃなく、

クラスで目立たない、
一見「イイ子」(盗んだバイクで走れない子)に見える奴も、

実は「イイ子」であり続けようと無理をして、
心に闇を抱え、結構悩んでるんだぜ!

誰からも悩んでいることを気づいてもらえないし・・・

それに比べたら、盗んだバイクで走るような奴は、
そういうことして自分の外側にSOSを発することができるだけ、
まだマシだろ!」

って言いたかったんですね。(笑)
人生で損している「イイ子」の気持ちを代弁したいような感じというか。

だって、学校でグレていた奴に限って、
そこですっかり発散できたのか、

大人になって、結構ちゃんとした大人になっていたりしませんか?
ちゃんと働いて、結婚して、子供がいたりして。

それなのに、子供の頃「イイ子」だった人が、
逆に社会に適応できずに、生きづらそうにしていたりするんですよね。(笑)

で、「ガマンしてイイ子やっていた私って何?」みたいに、
その「報われなさ」に今になって気づいたりして。

「イイ子」って、ホント悩んでいても

まわりからは、

「手がかからない」とか、
「普通にやってるから大丈夫」とか思われて、

そのツラさをわかってもらえないんですよね。

なので、私はこのブログで、

そういった「盗んだバイクで走れなかった人」の言葉にならない想いを
言葉にしていきたい

と思って、これまで書いてきたんですよ。

なので、このブログに反応する人って、
やっぱり「イイ人」が多いんですよね。(笑)

私のセラピーやワークショップにも、
笑っちゃうくらいモジモジした「イイ人」ばかり来られるんですよ。(笑)

あっ、そういえば、

私も小学生の頃とか、「クラスで一番マジメな人」というと、
真っ先に名前があがるような、超「イイ子」だったなぁ。(笑)

先生に怒られて、立たされている人とかいると、

「○○くんを許してあげてください」とか、
先生に言っちゃうような子だったんですよ。

でもまぁ、それが大人になってからグレるんですけどね。(笑)

でもそんな私がこのブログを書いているから、
無意識に

「イイ人」
「盗んだバイクで走れなかった人」

を引き寄せちゃうんでしょうね。

エッ、「ここまで聞いても、まだ「盗んだバイクで走れなかった人」
の意味がよくわからない」ですって?

おっとっと、そんな方は、以下記事を読んでくださいねー。

(「盗んだバイクで走れなかった人」について書いたブログはコチラからどうぞ)
盗んだバイクで走れなかった人



で、話は飛んで、ブログの冒頭の話に戻して、「鈴木先生」です。(笑)

みなさん、「鈴木先生」ってTVドラマご存知ですか?

あっ、これもご存知の方、結構いらっしゃいますね。

(「鈴木先生」についてはコチラからどうぞ)
「鈴木先生」

この「鈴木先生」、歴史的に視聴率が低かったらしいですけど、
とても面白いTVドラマだったんですよ。

私、「金八先生」とか、「今を生きる」とか、
今までたくさんの学園モノのドラマや映画を見てきたましたけど、

どうも「この先生イイ!実際に習いたい!」
と思えるような先生はいなかったんですね。

でも、人のススメで何気なく観たこの「鈴木先生」の中に、
はじめて「理想の先生」を見つけたような気がしたんです。

鈴木先生って、フェアで、生徒にも人気がある先生なんですけど、
なかなか一筋縄ではいかない先生で、

ちょっと、というか、かなりヘンタイなんですよ。(笑)
大のモーソウ好きというか。

でも、それも等身大で、なんか好感が持てたんですけど。

で、その「鈴木先生」の中で、私が忘れられない話があって、
それが「鈴木先生」の第7話なんです。

そう、今回のブログのタイトルです。

その第7話、「イイ子」というか、マジメな生徒の話で、
私、この話を観た時、

「こ、この子は、私だ・・・」って号泣しちゃったんですよ。(笑)

今まであれほど
「盗んだバイクで走れなかった人」の気持ちを描いてくれたドラマは

観たことがないような気がしたんです。

でも私、それは「切なくなって泣いた」というより、

「よくぞ気づいてくれました!

よくこういう生徒にスポットライトを当ててくれました!」

みたいな気持ちで泣いてしまったような気がするんですね。

あっ、今書きながら気づいたんですけど、

私、よくブログ読者さんから、「ブログ読んで涙が止まらなかった」
なんてメールやコメントをいただくことがあるんですけど、

私自身、「笑わそう」と思ってブログを書いてはいるんですけど、
「泣かそう」と思ってブログを書いたことはないので、

「そこまで泣けるブログなのかなぁ」なんて思っていたんですよ。

でもそういうふうに言ってくださるのも、きっと、

「私の悩み、わかってくれる人がいた!」

という意味での「泣けた」もあるんでしょうね。

で、その「鈴木先生」、来年1月、映画になるんですって。

(「鈴木先生」についてはコチラからどうぞ)
映画「鈴木先生」


さっそく映画「鈴木先生」のホームページで見てみたら、
私の心をクスぐる表現を発見!(笑)

「今の学校教育は、手の掛からない生徒の“心の磨耗”の上に支えられている」
「一見普通に見える生徒達ほど、心の中には鬱屈したものを抱えている」

いやぁ、わかってくれてウレシーなぁ。(笑)

ということで、私も、来年も引き続き、

「盗んだバイクで走れなかった人」に仕えたい

と思っています。

エヘへ、私、この「人に仕える」という表現がスキなんですよ。

(「人に仕える」という表現がスキな理由はコチラからどうぞ)
人に仕える


あっ、そういえばこの前、クライアントさんから、

「今の杉田さんは、盗んだバイクで走っている」

って言われちゃったっけ。(笑)

でも、確かに今はそうかも。(笑)



それでは今回はココまでにします。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。
また次回お会いしましょう!



ちょっと前に進みたくなったら、以下のリンクからどうぞ



「悩んでいない人の悩み相談 メンタルトラベル」サービス一覧


杉田隆史公式ホームページ


杉田隆史著書 「正しく悩む技術」

杉田隆史オススメの本

杉田隆史ツイッター
プリーズ・フォロー・ミー!

杉田隆史フェイスブック
ブログの読者さんのお友達申請ウエルカムです。
「正ネガ読者です」とメッセージを添えてくださいね。



コメント(16)  |  リブログ(0)

悩んでいない人の悩み相談 心理セラピスト 杉田 隆史さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント