続・旧「函館信用金庫本店」の建物について思う | いただきます!はこだて

いただきます!はこだて

北海道・函館市を中心に、周辺の町のことや
時には海を越えて青森地方の観光情報や地域の話題など紹介します。

こんにちは、

函館まちあるきガイドの

土田尚史(つちだたかし)です。

 

2週間くらい前
(2020年1月26日(日))、
「旧「函館信用金庫本店」の
建物について思う」

というブログを書きました。
⇒そのときのブログはこちら

 

建てられたのが、

おそらく大正時代末期、

もしくは昭和時代初めかと思われます。

 

 

昨年2019年末に建物の解体工事が始まり、
建物を囲うように足場が組まれました。

 

2020年2月7日(金)撮影。

 

足場もなくなり、

「ラビスタ函館ベイ」さんの

建物がよく見えます。

 

歴史ある建物がなくなるのは、

やっぱり寂しいものだなあ・・・

と思いながら工事現場を見つめていました。

 

ただ、よーく見ていますと、

重機が地面よりも低いところにありまして。

 

ん?!

なんだろう??

 

近くまで行ける範囲で行ってみますと、

たしかに、

私が立っている地面よりも低い場所で、

工事が行われているのがわかりました。

 

建物の土台部分(いわゆる基礎の部分)を

削り取っていく作業かと思います。

 

ここで私は気づきました!

 

 

コンクリート造りの建物だと

ずっと思っていましたが、

いたるところに

レンガが使われていたのです。

 

いやー、これはまったく知らなかったです。

 

もう一度、

解体前の建物の様子を見ましょう。

 

茶色い部分がタイルだとは知っていました。

でもって、

建物全体はコンクリート造りなんだなあと

思っていましたが、

レンガも使われていたとは。

 

意外な発見でした。

 

豊川広路に植えられている木々が

見えるようになりました。

数か月すると、木々に緑の葉が見え、

街中の
ちょっとしたオアシスになるかと思います。

 

しばらく見守りましょう。

 

 

ヘバ、ナイスデイ!!
(Have a nice day!!)

 

函館の街歩きガイドへの

お申し込み、お問い合わせは、
「函館まちあるきガイド 土田尚史」まで


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
※にほんブログ村 

函館情報ランキングに参加中