●保険と言うもの。保険と言う考え方 | webを活用した販売促進を福岡からサポート|webマーケティング実践ブログ
2010-06-24 09:18:49

●保険と言うもの。保険と言う考え方

テーマ:経営戦略

保険と聞くと皆様の印象はいかがでしょうか?テシガワラです。




最近、お客様の中に保険代理店を行われていらっしゃるお客様がいますので、保険に関して資料を読む事が増えました。知らずのうちに保険の勉強になっているわけですね。




お客様の立場になって考える為にはお客様の置かれた業界の事など色々知る事は重要ですね。私はモノ作りではありませんからね。




前置きはこのあたりにしまして、本題である「保険」のお話しですが、皆様は何個、保険に加入されていらっしゃいますか?私は6つ位入っているかな?毎月の掛け金の合計も4万位なのかな?しかし私が保険に加入するのは色々な背景があります。それは私の母との関連性があるのですが、私は20代からだいたい保険に加入してますので各種1つ1つの掛け金や条件が非常に良心的なプランです。




生命保険、医療保険、がん保険、損害賠償保険各種、同じような保険に加入しているものも二口加入しているものもございます。あくまで万が一の為の保険です。




ちなみに私の母は40代で「がん」になりました。入院して手術をしたわけですが、そういう経験から「保険」の重要性に気付き、私も若い頃から各種保険に加入したわけです。誰も「がん」になるとは思っていないのでいざがんになった場合の保険の重要性を実感したわけですね。




保険とは万が一の際の「安心感」です。しかし万が一の際に入る事は出来ません。また歳を取れば取るほど保険条件は良好ではなくなります。仮に同一の条件の保険でも加入するのが20代か40代かで掛け金は大きく変わってくるわけですね。




誰もしも「万が一」の備えが必要になった時に「保険」があるのとないのでは大きくその安心感は変わってきます




しかし単純に保険に加入すれば良いのか?と言う事ではありません。しっかりと万が一の際に備えてくれる方の存在は不可欠です。私の保険の担当者は加入時から変更は一回もありません。ですから万が一の際は●●さんに相談なんですね。




取り扱い保険商品は各社で対した差はありません。ですから誰から加入するか?を考えると保険のふれこみのように「一生涯の安心」なんですよね。 これが最たる「安心感」なんです




保険見直しと言う言葉が昨今目立ちますが、本当に見直すべき点は保険種類ではなく保険を提供してくれる人かも知れないよっと最近強く思っております。




この方のブログ
   記事には、記事から色々な背景が見えてくるから不思議です。




【PR】

福岡の飲食店以外のホームページ制作ならば費用対効果を獲得できます。