民法766条の改正程度では、

子の福祉よりも保身優先の裁判官によって、運用で捻じ曲げられ、

親子が会うという権利が奪われてしまうので、

最終的には、共同親権しか方法がないと思います。


あとは、親子断絶で金儲けしている弁護士の抵抗をどう押し切るか。

一番は、「ほんとうのおとうさんに会いたい」と願う

子供たちの希望をどうやって守り、虐待で実母と義父によって命を奪われない

社会を作っていくことを最優先すれば、自ずと結果は見えてくるはずです。